送付資料が“どう読まれたか”を分析、「Dropbox DocSend」が日本語に対応

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Dropbox Japanは7月26日、「Dropbox DocSend」が日本語も含む14言語に対応したと発表した。

 Dropbox DocSendは、ファイルの安全な共有と閲覧状況の追跡を可能とするツール。契約書、提案書、価格表などのビジネスドキュメントを簡単にアップロード、一括送信でき、共有するドキュメントの機密性によってパスワード保護/アクセス制限/透かしなどの設定も可能。共有後はフォローアップのためにドキュメントの分析機能を使うことにより、開封率だけではなく、どのユーザーがどのページに最も多く時間を割いているのか、読み飛ばしているのかなどを把握できる。契約書など社内外で複数人が確認するドキュメントでは、コメントや変更内容をリアルタイムで共有でき、電子署名機能を使うことにより承認状況の確認が可能。

 今回のアップデートにより、日本語、英語(米国)、ドイツ語、フランス語、スペイン語、韓国語、イタリア語、オランダ語、スウェーデン語、ポルトガル語、デンマーク語、ポーランド語、中国語(簡体字・繁体字)の計14言語に対応した。

 Dropbox DocSendは、世界中のスタートアップがすでに190億米ドル(およそ2兆6862億円)以上の資金調達に活用し、資金調達の成功に不可欠なツールとなっているという。高度な分析機能により、スタートアップは投資家とのエンゲージメントに関する貴重な洞察を得ることができ、適切な投資家の優先順位付け、積極的なフォローアップ、最大の効果を得るための提案書類の最適化が可能となる。

 また、Dropbox DocSendが提供する仮想データ ルーム(VDR:Virtual Data Room)を活用することで、複数のドキュメントをひとつの場所にアップロードしたのち、ひとつの安全なリンクで資料を共有できる。VDRにおいても、個々のドキュメントへのアクセスを管理し、特定のファイルを閲覧する場合にNDAを要求できる。

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月