このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第217回

「生成AI革命」のゆくえ/EVシフトでどうなる2023年のバッテリー業界

2023年01月25日 09時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人工生命の交配による優秀なAIの探究

ニューラルネットワークの構造を自動的に探索するNAS(ニューラル構造探索:Neural Architecture Search)。AI研究者の清水亮氏が、人工生命(A-Life)における遺伝的アルゴリズムにおいても、ニューラル構造探索が有効かどうかを検証した。

≫ 続きはこちら

リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う

電気自動車から再生可能エネルギーの貯蔵まで、バッテリーの重要性がますます高まっている。2023年は米国政府の大型投資に後押しされた、新たな電池技術の登場と生産増が期待される。

≫ 続きはこちら

宇宙ダストが非古典的な経路で形成されることを発見=北大など

北海道大学や東北大学大学の国際共同研究チームは、国際協力による観測ロケットを用いた微小重力実験で宇宙ダストの形成初期過程を再現。宇宙ダストは、ナノ領域の特異性で理解できる非古典的な経路で形成されることを発見した。

≫ 続きはこちら

全長170キロのサウジの未来都市、衛星画像で進捗が明らかに

サウジアラビア皇太子肝いりのSF的な大規模都市「ザ・ライン(The Line)」の建設状況は、グーグル・マップなどでは今のところ確認できない。MITテクノロジーレビューはオーストリア企業から衛星画像を入手し、工事が進んでいることを確認した。

≫ 続きはこちら

高齢者介護を「自動化」する 日本の長い実験

日本は官民あげて、高齢者介護をロボットに手伝わせようとしてきた。その結果、何が起きたのだろうか? 日本で民俗学的な実地調査を実施してきた外国人研究者が目にした現実をお伝えする。

≫ 続きはこちら

顔認識の失敗で収入ゼロに、インドのウーバー・ドライバーの憂鬱

ウーバーは今やインドの多くの人々の収入を支えている。だが、ドライバーの本人確認に使われているアプリによって、一瞬で収入源を失うドライバーもいる。

≫ 続きはこちら

中国テック事情:メイド・イン・チャイナは変わらない

半導体産業における米国と中国の対立が高まっている。米国はさまざまな規制を導入しているが、汎用的な旧世代のチップでは逆効果となる可能性がある。

≫ 続きはこちら

創造性の意味を変えた 「生成AI革命」は どこに向かうのか?

2022年に突如として一大ブームになった「生成AI(ジェネレーティブAI)」。ブームに火をつけたオープンAIも、これほどの反響を呼ぶことは予想できなかった。生成AIの台頭は、私たちをどこへ導くのだろうか。

≫ 続きはこちら

[終了迫る!] MITテクノロジーレビューからのお知らせ

MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9 量子時代のコンピューティング
量子コンピューターで激変するコンピューティングの最前線を総力特集!

新規購読時にクーポンコードを入力すると、年額16,280円が12,000円になる特別キャンペーンを実施中。購読中止までずっと割引価格でご利用いただけるお得なキャンペーンです。2023年1月31日 23:59までの期間限定です。この機会をお見逃しなく。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ