前へ 1 2 3 4 次へ

白が基調でエアフローも良好なミドルタワーケースの「FRGHB650/C」をチェック

最新Ryzen 9とRTX 3080PCの中では結構お手頃! 4Kゲームに配信・録画も全部快適

文●藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FRGHB650/C」

 高リフレッシュレートでゲームを楽しめるゲーミングパソコンに、映像編集、お絵描きなどのクリエイティブ向け、手のひらサイズの筐体を採用した小型マシン、持ち運びできるノートパソコンまで、さまざまなオリジナルBTOパソコンを用意する「FRONTIER」から、AMD最新世代CPUのRyzen 7000シリーズを搭載する「FRG×B650」シリーズが登場した。

 6コア/12スレッドCPUのRyzen 5 7600Xと、GeForce RTX 3060ビデオカードを搭載し、21万9800円の「FRGAB650/A/NTK」をはじめ、4つのモデルをラインアップしている。

AMD Ryzen 7000シリーズを搭載したゲーミングパソコンの「FRG×B650」シリーズ。4つのベースモデルを用意している

 今回はその中から最上位に位置し、16スレッド/32スレッドのRyzen 9 7950XとGeForce RTX 3080搭載で38万9800円の「FRGHB650/C」触る機会を得られたので、製品の外観や使い勝手、パフォーマンスなどを紹介していこう。

新世代Ryzen最上位のRyzen 9 7950X。16コア/32スレッドCPUで、最大動作クロックは5GHzを大きく超える5.7GHzになる

試用機のマザーボードには、最新チップセットのAMD B650Eを採用したASRock「B650E PG Riptide」が搭載されていた

メモリーも新世代規格のDDR5を採用。DDR5-4800駆動の16GB×2枚 32GBを搭載する

NVIDIAハイエンドGPUのGeForce RTX 3080を搭載。ゲーミングだけでなく、動画エンコードや、レンダリングなどのクリエイティブにも効果大だ

試用機の主なスペック
CPU Ryzen 9 7950X(16コア/32スレッド、最大5.7GHz)
CPUクーラー 水冷CPUクーラー(240mmラジエーター)
グラフィックス GeForce RTX 3080、12GB GDDR6X
メモリー 32GB DDR5-4800、16GB×2
ストレージ 1TB M.2 SSD(PCIe 3.0)
チップセット AMD B650Wチップセット
通信規格 有線LAN(2.5GBASE-T)
インターフェース(フロント) USB3.2 Gen1 Type-A×2、マイク入力、ヘッドフォン出力
インターフェース(リア) USB3.2 Gen1 Type-A×2、USB3.2 Gen2 Type-A、USB 3.2 Gen2 Type-C、マイク入力、ライン入力、フロント出力、有線LNA端子
サイズ およそ幅200×奥行き470×高さ465mm
OS Windows 11 Home(64bit)

※お詫びと訂正:記事初出時、試用機が搭載するOSの記載に誤りがありました。訂正してお詫びします。(2022年11月18日)

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月