前へ 1 2 3 4 次へ

ゲーム最強の座を狙って投入された「Ryzen 7 5800X3D」を採用

23万円台でRTX 3070! コストを抑えて高解像度/高リフレッシュレートで遊べるFRONTIERのコスパ最強ゲーミングPC

文●藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FRGAB550/WS57/NTK」

 夏のボーナスシーズンなのもあり、次々とお買い得なBTOパソコンがセールに登場しているBTOパソコンブランド「FRONTIER」。数多くのラインアップのなかから、ゲーマーが注目しておきたいのが「FRGAB550/WS57/NTK」だ。

 AMDの最新Ryzen CPUで、ゲーム最強の座を狙って投入された「Ryzen 7 5800X3D」に、4KおよびWQHD解像度や、高リフレッシュレートでの快適ゲームプレイが狙えるNVIDIAの「GeForce RTX 3070」を搭載。それでいて価格は23万4800円とお買い得なのも魅力の1つとなっている。

 また、そのほかのスペックにもスキはなく、16GBメモリーや、容量1TBのNVMe M.2 SSD、120mmファン採用のサイドフローCPUクーラーを搭載する点もポイントといえる。

 さっそく、FRGAB550/WS57/NTKのゲーミング性能はどれほどなのか試していきたい。

AMDがゲーム最強の座を獲るべく投入した8コア/16スレッドCPUのRyzen 7 5800X3D。96MBに激増した3次キャッシュで、ゲーミングパフォーマンスを引き上げている

マザーボードは、ASRock「B550 Phantom Gaming 4」を採用している

メインメモリーは、DDR4-3200駆動を採用。8GB×2枚の16GBを搭載する

ビデオカードはNVIDIAのハイエンドクラスとなるGeForce RTX 3070だ。8GB GDDR6を搭載している

試用機の主なスペック
CPU Ryzen 7 5800X3D(最大4.5GHz)、8コア/16スレッド
CPUクーラー AINEX「SE-224-XTA」(空冷、120mmファン、サイドフロー型)
グラフィックス GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
メモリー 16GB(8GB×2)、DDR4-3200
ストレージ 1TB SSD(M.2接続/PCIe 3.0)
マザーボード ASRock「B550 Phantom Gaming 4」(AMD B550、ATX)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(2.5GBASE-T)
電源ユニット 850W 80PLUS GOLD認証
インターフェース(フロント) USB 3.2 Gen1 Type-A×2、USB 2.0 Type-A×2、マイク入力、ヘッドフォン出力
インターフェース(リア) PS2(マウス/キーボード)、USB 3.2 Gen1 Type-A×6、マイク入力、ライン入力、フロント出力、有線LNA端子、HDMI×1、DisplayPort×3、オーディオ端子
サイズ およそ幅200×奥行き423×高さ485mm
OS Windows 10 Home(64bit)
前へ 1 2 3 4 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月