このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第259回

走りの楽しいハイブリッド車「シビック e:HEV」は燃費も静粛性も良し!

2022年10月08日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●新 唯(@arata_yui_)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シビック e:HEV(394万200円)

 昨年フルモデルチェンジをして12代目が登場したHondaのCIVIC(シビック)に、待望のe:HEV(ハイブリッド)が仲間入り。「ハイブリッドって、どうせエコカーでツマラナイやつでしょ?」と思って試乗したら大間違い! 実に“爽快”で“正解”な1台でした。

走りがさらに楽しいシビック e:HEV

Honda/シビック(純正アクセサリー装着車)

装着率が高い純正アクセサリーのひとつ、テールゲートスポイラー(4万4000円)

 走りが楽しい12代目シビック。MT設定があるということもあって、約1年前、MT大好きのモデルでタレントで女優なショートカット党員の新 唯(あらた・ゆい)さんに試乗してもらったときに「シビックは家族持ちにはいいですよね」と好印象を抱かれておりました。というわけで、今回のe:HEVユニットを搭載した仕様も試乗をお願いし、エンジン車との違いについてインプレッションしてもらいましょう。

 まずはEVに近いハイブリッドということで名づけられたe:HEVについて。高効率のエンジンに、発電用と駆動用の2つのモーターを搭載し、状況に応じてそれぞれを自由に動かせる構造としています。具体的には発進時や低速時は1つのモーターで走行。駆動バッテリーが減ってきたらエンジンを回して、もう1つのモーターを発電機として使って充電しながらモーター走行。高速域ではモーター駆動はやめて、エンジンだけで走行。これによりモーターとエンジンのそれぞれ「いいところ」どりで、効率のよい走りを実現しようとしているわけです。

FIT e:HEV Modulo X

 このe:HEVユニットを搭載したモデルは、既にFITやVEZELで採用されています。それらは1.5リットルエンジンを使ったもので、既発売のシビックが1.5リットルターボエンジンだから、それらと同じe:HEVをシビックに搭載するのかなと思いきや、何と排気量は2000㏄にアップした新開発ユニットというから驚き。

 驚くべきは1ストロークあたりの最高4回燃料噴射する多段噴射によって業界トップレベルの熱効率41%を達成したこと。つまり環境にお優しいエンジンというわけです。気になるエンジンの最高出力は141PS、最大トルクは18.6kgf・mと控えめで「やっぱりエコカーのエンジンじゃないか」と思いがちなのですが、シビック e:HEVが搭載するモーターの最高出力は184PS、最大トルク32.1kgf・mと、エンジン仕様のシビック(182PS/24.5kgf・m)を大幅に上回るので、クルマとしては「こっちの方が速い」といえるかも。

 でありながら燃費はWLTCモードで、ガソリン仕様の16.3km/Lを大幅に上回る24.2㎞/Lを達成しているのです。さらにe:HEV仕様はレギュラーガソリンに対応。ガソリン仕様はハイオク専用車なので、お財布にもうれしいというわけです。

 ガソリン仕様と外観での違いを見出すのは難しく、しいて言えばエンブレム類のみ。Hマークの内側に青の差し色が入り、リアにe:HEVのエンブレムがある程度。他には? と探してみると、タイヤがグッドイヤーではなくミシュランの、しかもパイロットスポーツに変更されているではありませんか。タイヤが違えば走りが違うのは言うまでもありません。担当者に話を聞くと「クルマのキャラクターに合わせて、ミシュランをチョイスしました」とのことでした。

 内装はガソリン仕様の上位グレードと同等。グレードは1種類のみというシンプルな設定です。内観でガソリン車のCVTと大きく異なるのは、シフトがレバー式からボタン式に変わっているところでしょう。「シンプルでイイモノ感がありますね」という唯さん。ちなみに唯さん的には「エアコンの送風口がメッシュなので掃除が大変そう」との疑問が。その事をインテリア担当デザイナーに尋ねたところ「掃除機で簡単に綺麗になりますよ」だとか。ちなみに駆動用のリチウムバッテリーはリアシート付近にあるそうですが、それによって足元が狭くなるといったことはありませんでした。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ