このページの本文へ

新清士の「メタバース・プレゼンス」 第6回

ソニー「PlayStation VR2」期待したいが、すでに課題も

2022年09月29日 16時00分更新

文● 新清士 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

課題は目玉タイトルが用意できるか

 そんなPlayStation VR2ですが、既に課題も見えはじめています。最大の課題は発売までにタイトルが用意できるのかということです。

 今のところ目玉タイトルとして出ているのは、ソニー傘下のゲリラゲームズが開発する「Horizon Zero Dawn」シリーズ続編「Horizon Call of the Mountain」のみ。「バイオハザード ヴィレッジ」の対応も明らかになっていますが、初代PlayStation VRのときと同じように既存のタイトルをVR上で動くようにしたものにすぎません。

 初代PlayStation VRからタイトルをそのまま移植することもできません。PlayStation VR2は、PlayStatin VRとの互換性がないとされているためです。新たにインサイドアウト方式のトラッキングなどが使われてくるので、初代とは要求されるものが変わり、内部の仕様を分ける必要があるんですね。

 VR最大の市場はMeta Quest 2ですが、仕様が異なるQuest 2向けのタイトルをそのまま移植するわけにもいきません。人気タイトル「Beat Saber」のPlayStation 2版が出るのかも謎です。Beat Saverのツイッター公式アカウントはPlayStation VR2リリースの知らせに「Exciting!」と返していますが、よくわかりません(笑)。

 PlayStation VR2のライバルになってくるのはどちらかというとPCVRですが、PCVR向けには有力タイトルが出ておらず、ランキング上位は「Half-Life Alex」「VRChat」「Rec Room」「Blade and Sorcery」など、以前から同じタイトルが並んでいる状態。今年に入って有力な新作は出てきていません。

 PCVRは求められるグラフィックス品質が上がってしまうので、ゲームを開発するほうも大変なんですよね。世界的にコロナが落ち着いてきた影響もあり、巣ごもり需要が一段落したのか、市場の成長が緩やかになっている傾向も見られます。新作タイトルの開発に積極的に取り組むのが難しい市況でもあります。

 ここ数年で有力なハードも出ておらず、いまもっとも人気があるValve Indexも既に発売されて5年が経っています。後継機を開発しているという噂も出ていますが、開発販売元のValveも最近ではPCVRよりもSteamを動かせるモバイルゲーム機「Steam Deck」に注力しているように見えます。今回の東京ゲームショウでもSteam Deckには大きなブースが出て一般日では長い行列ができていました。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン