このページの本文へ

山口真央(やまお)のおうちグルメ大満喫作戦☆ 第84回

ソースだけでもごはんが進む。そんなのアリ?

ガツンとしたお肉を求めて!いきなりステーキの「ステーキ重」はボリューミーで元気がみなぎってきたぁ!!

2022年08月17日 17時00分更新

文● 山口真央(やまお)  編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター"やまお"こと山口真央です。

 みなさんご存じ「いきなりステーキ」ですが、はじめはその名前のインパクトにびっくりしましたよね。そこで、いきなりステーキの反対語はなんだろうと考えていたことが私にもありました……。私は「めちゃくちゃ待たされてサラダ」派なのですが、皆さんは何派でしたか? え? 考えたこともないって?

 まあそれはおいといて、夏バテ気味のこの身体にはガツンとしたお肉を摂取したほうがよさそう。手軽にお弁当のデリバリーをお願いできると聞いたので実際に試してみました!

いきなりステーキの「お重」ってどんな感じ?

※画像は公式サイトから

 いきなりステーキの正式名称は「いきなり!ステーキ」。ビックリマークをお忘れなく。その名称の由来は、「コスパ高いステーキをいきなりサクッと食べて、次の店に行こうぜ!」ということらしい。「いきなり!ステーキ」「ついでに!2軒目」「ベロベロ!3軒目」ってかんじかしら(※2軒目以降はやまおの想像店舗です)。

「ステーキ重」Uber Eatsでの商品代1340円

 今回Uber Eatsでお願いしたのは「ステーキ重」。お店で食べるようなステーキそのままのメニューもあったのですが、せっかくならばデリバリーっぽいメニューをと思って頼んでみました。大きめのステーキ(150g)があらかじめカットされて届きます。お重の下にお箸をおいてみたのですが、お重が結構大きいことがわかりますか?

 今回、ライスは普通盛(210g)。たくさん食べたい人は追加料金でライス大盛(310g)も頼めます。

お肉は150g。中はうっすら赤いです

 それでは自慢のお肉からいただきま~す! いきなりステーキは厚切りの“レア”がウリらしいのですが、うっすらと赤身が残る火の通り。ミディアムですね。お肉は噛めば噛むほど旨みが出てくる~!

ソースが、う、うまっ

 お肉のソースは、創業者の一瀬邦夫さんがステーキとの相性を考え抜いた「絶品ソース」なんだそう。醤油ベースの風味豊かなソースは、ごはんとの相性もバツグン……! これ、ソースだけでごはん2杯くらいいけそう!

ソース別添えだったらコーンやブロッコリーにもかけたい~

 付け合わせはブロッコリーとニンジン、コーンの、ステーキプレート定番セット。だがこれがまたいい! それぞれソースと一緒にいただきたいのですが、残念ながらごはんがソースをすべて吸ってしまっていました……! いきなりステーキさん、ソース増量とか別添えとかお願いできませんか!?

「ヒレステーキ重」もいいかも!

※画像はUberEatsから

 いきなりステーキのお肉は、さすがステーキ専門店ならではの食べ応え。お肉もライスもぎっしり詰まっていて食べきると力がみなぎってきました。今回は「ステーキ重」(1340円)をお願いしましたが、脂身が少なくさっぱりとした「ヒレステーキ重」(1790円)もありました。ステーキをたっぷり食べるとなんとなく胃もたれしそう……なんてときはヒレステーキを頼んでみようかな!

※画像はUberEatsから

【まとめ:いきなり!ステーキの「ステーキ重」をデリバリーしてみて
●よかったところ
・お肉の焼き加減が絶妙なミディアム
・ソースがおいしくてそれだけでもごはんが進む
●気になったところ
・ソース別添えだとさらにうれしい!

※店舗によって価格が異なることがあります。
※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!