前へ 1 2 3 4 5 次へ

Core i7-12700Hに16GBメモリーとGPU以外も高性能!

ノートPCでガッツリゲーム&動画編集! 26万円台でRTX 3070 Tiの高コスパな15.6型イチオシモデルをチェック

文●藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FRZNA712/A」

 最新スペックのオリジナルBTOパソコンを数多く取り揃えるFRONTIER。デスクトップだけなく、ノートパソコンも複数ラインアップしており、CPUにモバイル向けのインテル第12世代Coreプロセッサーを採用したモデルも用意している。そんなラインアップのなかから個人的に注目したいのが、ゲームプレイとクリエイティブの2つのシーンでおすすめできる「ZNA」シリーズだ。

 今回はZNAシリーズの基本構成の1つとなる「FRZNA712/A」を試す機会を得られた。写真、動画編集がスムーズに行なえる20スレッドCPUのCore i7-12700Hとともに、GeForce RTX 3070 Ti Laptopや、144Hz駆動に対応する15.6型ディスプレーを搭載。さらに、メモリーは16GBとゲームプレイには十分で、ストレージはNVMe対応の512GB SSDを採用している。この構成で、26万9800円で購入できるコスパの高さも特徴となっている。

 今回は、FRZNA712/Aが実際にどのようなマシンなのか、その実力とともに紹介していこう。

CPUはインテル第12世代CoreプロセッサーのCore i7-12700Hを採用。14コア/20スレッド、最大4.7GHz動作のハイパフォーマンスCPUだ

マザーボードのチップセットは、インテルHM670を採用。拡張バスはPCIe4.0に対応しているのを確認できる

メモリーはDDR4-3200MHz駆動対応で、16GB(8GB×2枚)を標準搭載する

CPUには「インテル Iris Xe グラフィックス」を内蔵。負荷に応じて、dGPUと切り替わって動作する

dGPUにはGeForce RTX 3070 Ti Laptopを採用。メモリーも8GB GDDR6を備えており、ゲームだけなく、写真・動画編集時に有効に活用される

ノートパソコンに欠かせない無線LAN。ZNAシリーズは、新世代のWi-Fi 6を搭載している。対応ルーター、アクセスポイントが必要だが、最大2402Mbpsな高速リンクを実現する

試用機の主なスペック
CPU Core i7-12700H(最大4.7GHz)、14コア/20スレッド
グラフィックス GeForce RTX 3070 Ti Laptop 8GB GDDR6/インテル Iris Xe グラフィックス
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット) 、リフレッシュレート144Hz
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.2 Gen1、USB 3.2 Gen2 Type-C(DisplayPort Alt Mode対応)、USB 3.2 Gen2 Type-C(Thunderbolt 4、DisplayPort Alt Mode対応)、HDMI出力、Mini DisplayPort出力、マイク入力(S/PDIF)、ヘッドセット出力、MicroSDカードスロット
内蔵カメラ 約200万画素Webカメラ
サイズ/重量 およそ幅358×奥行240mm/約2.4kg
OS Windows 11 Home(64bit)
前へ 1 2 3 4 5 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月