このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第684回

Titanを超える鈍器の中の鈍器スマホ「Unihertz TickTock」を衝動買い

2022年05月19日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

背面の時計型サブスクリーンの各種設定もきめ細かにできる

本体背面の丸いサブスクリーンの設定変更も可能

 そして今まで意外とありそうでなかったのが、本体背面の丸いサブスクリーンだ。実際には360×360ピクセルのスクエアな液晶だが、腕時計のようなベゼルが丸い液晶に見せている。サブスクリーンの設定変更も、設定メニューの中からいろいろできる。

 設定できる項目は、明るさや表情の変化を付けること。そして基本機能の通知、時計、音楽、カメラの4つの機能制御などだ。感覚的には本来は腕に付けているスマートウォッチをスマホの背面に取り付けた感覚だ。たくさんの腕時計文字盤のデザインから、表示する腕時計デザインも選ぶことも楽しい。

アナログからデジタル風までサブスクリーンに表示できる時計文字盤も豊富だ

 もちろんアプリを指定して、自分に必要なお知らせ情報をスマホをうつ伏せて置いた状態でも、サブスクリーンに表示できる。筆者はLINEやGmail、電話の着信などを指定して便利に使っている。そしてサブスクリーンの時計アプリは、スマホをうつ伏せに置くと常時時刻表示する設定にしている。明るく、とても現在時刻が見やすくて便利だ。

TickTockをうつ伏せに置いていても、サブスクリーンではオーディオプレーヤーのコントロールやバッテリー残量、お知らせの表示、着信の状況などを教えてくれる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン