このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第863回

背面がフラットに:

アップル「iPhone 14」勝手レンダリング動画

2022年03月19日 16時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2021年に発売するとうわさのiPhone 14シリーズのレンダリング動画が登場した。YouTubeチャンネルEverythingApplePro E A Pが、著名リーカーのJon Prossers氏の情報をもとに制作したものを1月16日に公開している。

 公開されたレンダリング動画からは、2021年1月時点のうわさに基づくパンチホールデザインのiPhone 14 ProやPro Maxのデザインを確認できる。

 特徴的なのはやはり背面で、カメラのレンズ部分が出っ張っておらず、フラットになっている。これはレンズが引っ込んだのではなく、本体の厚みを増した(バッテリー容量を増加させた)ことで同じ高さになったからだとみられている。

 この動画の公開後、前面のデザインはカプセル型+パンチホールの2穴になるという新たなうわさが流れるわけだが、背面についてはうわさの更新がないため興味のある人はチェックしてみて欲しい。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中