このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第258回

赤字はまもなくピークか:

楽天モバイル 人口カバー率96%でも不安?

2022年02月21日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天グループが2月14日に発表した2021年度の通期決算では、大きな赤字が注目を浴びる一方で、その要因となっているモバイル事業の赤字がピークをまもなく迎え、「好転」する見通しを示しました。

モバイルの赤字「いま」がピークか

 楽天モバイルは先行投資で赤字が続いており、その赤字幅は増え続けていました。そもそも「1年無料」などのキャンペーンにより、なかなか売上が立ちにくい上に、基地局建設やKDDIとのローミング契約など、出費ばかりがかさむ状況だったといえます。

モバイル事業の赤字は2022年1〜3月期がピークという

 しかし楽天によれば、その赤字も2022年1〜3月期がピークになるとのこと。根拠としては、無料期間が終わり料金を払い始めるユーザーが増えること、4月にローミングエリアを大きく縮小することによる費用減などを挙げています。

 つまり入ってくるお金は増え、出ていくお金は減ることで収益が改善するという見通しです。その次の2022年4〜6月期に赤字が小さくなることを確認できれば、いよいよ黒字化を視野に入ってくるといえそうです。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン