このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

こんな所までこだわるの!? GALLERIA(ガレリア)の品質向上の取り組みを徹底取材! 第4回

ユーザーに安心とワクワクを感じてもらうために改良したGALLERIAの梱包箱もチェック

6段階に及ぶ徹底した検査を実施、サードウェーブが追及する安心・品質管理への並々ならぬこだわりとは

2021年12月08日 11時00分更新

文● 宮里圭介 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

安心・高品質を追求するこの取り組みについて、サードウェーブ本社工場を見学してきた

 BTOパソコンを多く手掛けるサードウェーブでは、前回紹介した製造時の品質を高める取り組みだけでなく、出荷前の動作検証、そしてユーザーの元に届けるための梱包にも、並々ならぬこだわりをもっている。

 そこで今回は、サードウェーブの安心・高品質を追求する取り組みや検証、梱包へのこだわりなどについて、製品・マーケティング統括本部 品質プロダクト本部 品質管理部 部長の片野 勇次氏と、生産物流統括本部 製造技術部 部長の堀内 純氏にうかがった。

製品・マーケティング統括本部 品質プロダクト本部 品質管理部 部長の片野 勇次氏

生産物流統括本部 製造技術部 部長の堀内 純氏

 サードウェーブにおける、BTOパソコンの受注から出荷されるまでの大きな流れは、以下のようになっている。

1.Webや店頭からの注文受付
2.ピッキングエリアで必要なパーツを集める
3.ラインでPCを組み立て
4.OSやアプリのインストール、および、動作テスト
5.シール等貼り付け
6.クリーニング
7.付属品の確認と梱包
8.出荷

 前回は、製造の要となる2.のパーツピッキングと3.の組み立て工程について紹介したが、今回は4.以降、OSのインストールから出荷までの話となる。

パーツ調達から数えると、最後の抜き取り検査までに6段階ものチェックを実施

 品質検査は、1回ですべて終わりということはなく、作業の段階ごとに行なわれている。どういった検査が実施されているのか、具体的な内容を紹介していこう。

①深センからのパーツ出荷時に抜き取り検査

 パーツの多くは、中国のパートナー企業で設計・製造が行なわれており、そのパーツを深センで受け取り、日本へと出荷している。出荷前にロットごとの抜き取り検査を、サードウェーブの現地オフィススタッフが実施し、仕様どおりになっているか、製品の根本的な不良がないかを細かくチェックしている。

②国内工場で受け取り時に抜き取り検査

 製造工場へとパーツが届いたところでも、受け入れ検査を実施。出荷検査よりもさらに細かいテストを実施し、例えばマザーボードであれば動作確認だけでなく、同梱品、BIOSのバージョンといった細かな部分まで確認している。

 「パーツとして基本的な動作を確認するのはもちろんですが、仕様に間違いがないか、ケーブル類は合っているか、そういった部分も含めて、工場到着時にチェックします」(片野氏)

③組み立て工程でのチェック

 ひととおりパソコンとして組み立てが終わったところで、ラインの最後の人がすべての完成品の内観・外観をチェックする。ケーブルの正しい装着、ケースの傷の有無なども細部にわたって、厳しくチェックされる。

④パソコンとして動作するかの電気テスト

 組み立てたパソコンが正常に動作するかのテストは、ここで行なわれる。OSやアプリのインストールもこの段階で実施され、マシンとして完成する工程となる。

⑤クリーニングと同時に最終的な外観検査

 梱包する前に、本体の汚れを落とすクリーニングという工程がある。ここでは組み立て時に付着した汚れを落とすだけでなく、外観に問題がないかの最終チェックも行なっている。

1台ずつ丁寧に汚れを拭きとっていく。本体に傷がつかないよう、作業台はスポンジで保護されていた

⑥品質管理のための抜き取り検査

 本来の工程では、クリーニングしたあとは梱包され、出荷となるのだが、品質管理の面からここでさらにもう一度抜き取り検査を行なっている。

 「最後に行なうのが、組立工程や外観に問題ないか、動作に問題ないか、梱包は手順通り行なわれているかなど、製品として正常かを確認するための検査です。この検査で、我々の製造したパソコンが完全に品質を満たしているのか、自信をもって送り出せるものとなっているのかを確認しています」(片野氏)

 なお、各チェック部で不良と判断されたものは修理部へと回され、必要な修正を施し、更に確認を実施。再度検査へと回されるといった手順になっている。

 検査が何度も行なわれていることに驚いてしまうが、ここまでやって、ようやくサードウェーブが考える品質を担保できるとのことだった。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
関連サイト
コンテンツ