• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • スマホ向けアクションRPG『聖剣伝説 ECHOES of MANA』にてキャラ紹介動画公開記念フォロー&RTキャンペーン第3弾を実施!

  • 誕生から36年――新たな「大戦略」となるPC版『大戦略SSB』が2月3日に発売決定!

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんと混浴温泉 ~一緒に入るなんていけません!~」が1月16日より開催!

  • 無料のiOS/Android 向けアプリ『チョコボGP’』が配信中!

  • THQ NordicがニンテンドーeショップとPS Storeで最大80%オフの「新春セール 2022第二弾」を開催中!

  • 装備の生産素材が手に入る!Switch版『モンスターハンターライズ』にて「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」とのコラボが1月21日より実施

  • “パイ育”システムが衝撃を与えた『限界凸旗 セブンパイレーツ』が『H(ハイパー)』になってSwitchに登場!

  • SIEがPS5/PS4『Horizon Forbidden West』の最新映像「部族」を公開!

  • PC『SDガンダムオペレーションズ』で超総力戦「ジュリエッタ搭乗レギンレイズ・ジュリア」を開催!

  • PC『ガンダムジオラマフロント』に「大型UPDATE -TACTICS-」第2弾が実装!

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022January

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

Dolby Atmosにも対応のハイグレードな製品、足音もしっかり聞き取れる!

超低遅延でデュアルワイヤレス対応のゲーミングヘッドセット「VIRTUOSO RGB WIRELESS XT」は複数のデバイスでゲームを全力で楽しみたい人に最適

2021年10月27日 11時00分更新

文● BRZRK 編集● ASCII

遅延なく遊べる技術を搭載

 ゲーマーとして気になるのが、レシーバーを使用した2.4GHz帯やBluetooth通信時の遅延がどうなのかという点だ。

 まず最初にUSBレシーバーを介してPCゲームを遊んでみたのだが、VIRTUOSO RGB WIRELESS XTは「SLIPSTREAM CORSAIR WIRELESS TECHNOLOGY」という独自の低遅延技術を採用しており、ワイヤード接続時との差がないレベルで遅延を感じなかった。格闘ゲームやFPSなどプレイヤーが起こしたアクションに対して即SEが鳴るようなゲームを遊んでいても、違和感はまったくない。

PS4でも快適にゲームプレイ可能だった

 続いてPS4のUSB端子にワイヤレスレシーバーを接続して、いくつかのゲームを遊んでみた。こちらも遅延を感じるようなことはなく、FPSだろうとなんだろうと快適にプレイすることが可能だった。なお、本来であればPS5やXbox Series S|Xなどでもテストをしたかったのだが、どちらも私が所持していないためにテストすることができなかった。とはいえ、同社はPS5とXbox Series S|Xへの対応をうたっているので、安心してほしい。

 続いてはスマートフォン。自前のSONYの「Xperia XZ2 Premium」を使用し、Bluetooth接続でテスト。まずはYouTubeでいくつかの動画をみたところ、演者の口の動きと聞こえてくる音声が遅れて違和感を感じることもなく視聴できた。ゲームでは「PUBG MOBILE」や「ウマ娘 プリティーダービー」「アズールレーン」といったタイトルをチマチマと遊んでみたのだが、こちらもとくに遅延が気になることはなく集中でき、快適そのものだった。こちらは、高音質・低遅延なaptX HDに対応している点も大きいだろう。

 最後に最近のアップデートでBluetoothのヘッドフォンと通信が可能になったNintendo Switchでも試してみたところ、こちらはハッキリ言って微妙だった。しっかりとワンテンポ遅れてから音が聞こえてくるので、目から入る情報と遅れて聞こえてくる音とのズレがかなり気持ち悪く感じてしまう。

 遊ぶタイトルがテキストアドベンチャー系のゲームであれば許容できるのかもしれないが、アクションゲームやシューティング系のタイトルだと厳しいだろう。こちらは今後のアップデートで何かしら改善されるかもしれないが、Nintendo Switchとは有線接続を推奨しておく。

 ゲーム用途としては、現状だとNintendo Switch以外であれば低遅延でのワイヤレス通信が、問題なく快適に行なえることが確認できた。ハードコアゲーマーでも違和感なくプレイに集中することができるだろう。実際に私はとくに遅延を感じることもなく快適にゲームを遊ぶことができたので、かなりの満足感を得ることができた。

 なおデュアルワイヤレス接続も、手順は簡単。右ハウジング部分にあるBluetooth多機能ボタンを長押しするとペアリングが可能になるため、スマートフォンを操作して本機を接続。USBレシーバーをゲーム機に接続しておけば、自動でデュアルワイヤレスが可能だ。

スマホでDiscordに接続して通話を試してみた。音声もマイクも自動的に本機からの出力・入力になったので、とくに設定は必要なかった

 また、有線とBluetoothの同時接続も可能なため、Nintendo Switchには有線接続、スマホにBluetoothで接続すれば、Nintendo Switchをプレイしながらボイスチャットが可能だ。Nintendo Switch版のApex Legendsやスプラトゥーンシリーズ、「ポケモンユナイト」といった友達と協力して戦うタイトルでも本機のみでボイスチャットをしながらゲーム音が聞けるのはとても便利だ。

ゲーマーの“鬼に金棒”になるヘッドセット

 といった感じで、VIRTUOSO RGB WIRELESS XTを1週間ほど使い倒してみたのだが、個人的に気になったのは重量とイヤーカップ周り。最近では超軽量なヘッドセットもあるため、それと比べると若干重いと感じる人はいるかもしれないが、先述したとおり重量ほどの重さは感じないし、慣れの問題でもあるだろう。

 また、重さ以外にはとくに気になるところはなく、低遅延かつデュアルワイヤレス対応で、Dolby Atmosにも対応しているという、まさに“鬼に金棒”状態といっても過言ではない。

 価格は3万4650円と、けっして手ごろな製品ではない。しかし、ゲーマーが求める低遅延などのボーダーラインは軽々とクリアしているハイグレードなゲーミングヘッドセットであると考えれば、値段相応なのかなというのが正直な感想だ。ちょっと気が早いかもしれないが、年の瀬の休みを満喫するためにVIRTUOSO RGB WIRELESS XTを手に入れておくというのもアリかもしれない。ていうかほしいです。

「HS80 RGB WIRELESS」

 また、デュアルワイヤレスが必要ないという人には、VIRTUOSO RGB WIRELESS XTと同じくSLIPSTREAM CORSAIR WIRELESS TECHNOLOGYやDolby Atmosに対応したゲーミングヘッドセット「HS80 RGB WIRELESS」もオススメだ。こちらは1万8370円と、VIRTUOSO RGB WIRELESS XTと比べればリーズナブルなので、VIRTUOSO RGB WIRELESS XTと合わせてチェックしてみてほしい。

(提供:CORSAIR)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう