このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第723回

6GHz帯で通信するすごいやつ:

アップル「iPhone 13」Wi-Fi 6Eサポートの可能性高まる

2021年08月05日 12時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが今年発売するとうわさのiPhone 13は、Wi-Fi 6Eをサポートするという。台湾メディアDigitimesが7月15日に報じた。

 同紙は業界筋からの話として、iPhone用Wi-Fi 6EパーツのサプライヤーにWIN Semiconductors社やAdvanced Wireless Semiconductor Companyなどが選ばれ、2021年下半期から大幅な収益増が見込めると発表。

 Wi-Fi 6Eは2020年1月に発表された新しいWi-Fi規格で、既存の2.4GHz帯と5GHz帯にくわえて6GHz帯でも通信が可能となる。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中