このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第719回

Apple Watchのやつ:

アップル「iPhone 13」常時表示ディスプレー搭載か

2021年08月03日 08時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが今年発売するiPhone 13には、Apple Watchの「常にオン」のような常時表示ディスプレーが搭載される。米メディアBloombergのMark Gurman記者がニュースレターで7月18日に伝えた。

 同氏によると、iPhone 13はより高速なA15チップ、小型化されたノッチ、動画撮影のアップグレード、バッテリー寿命の長い新しい120Hzサポートのディスプレー、そしてApple Watchのような「常にオン」機能などが期待できるとのこと。

 「常にオン」機能が使えれば、iPhoneを持ち上げなくても時間、天気、アプリの通知などを確認できるようになる。

 小さな変化のようでかなり便利になる機能かもしれない。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中