前へ 1 2 3 次へ

Apex LegendsがWQHDで200fps超え!? RTX 3070 Ti搭載「PG-PFT」の実力を検証

文●高橋佑司 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月初旬に開催されたCOMPUTEX 2021でNVIDIAは、新GPU「GeForce RTX 3080 Ti」「GeForce RTX 3070 Ti」を発表。6月中旬にはこれらのGPUを搭載したビデオカードが市場に並んだ。

 これにより、Ampereアーキテクチャーを採用したデスクトップPC向けのGeForce RTX 30シリーズでは、GeForce RTX 3060~3080までの3つにTi付きモデルが登場し、ミドル~フラッグシップ級までのラインアップが拡充された形だ。

 BTO PCメーカー各社からも、RTX 3080 TiやRTX 3070 Tiを搭載したモデルが発売しており、STORMでもRTX 3070 Tiを搭載した「PG-PFT」を販売している。それ以前に発売しているRTX 3070はWQHD(2560×1440ドット)、RTX 3080は4K(3840×2160ドット)ゲーミング向けの次世代GPUとして登場したが、その中間になるRTX 3070 Tiを搭載したゲーミングPCの実力はどれほどのものなのか。今回、PG-PFTをお借りして、パフォーマンスを検証してみた。

PG-PFTの主な構成
CPU Intel「Core i7-11700」
(8コア/16スレッド、2.5~4.9GHz)
PCケース METALLIC GEAR「NEO AIR」
ビデオカード GeForce RTX 3070 Ti
マザーボード MSI「MAG B560M BAZOOKA」
(B560、Micro-ATX)
メモリー DDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ NVMe SSD 1TB(PCI-Express 3.0接続)
電源ユニット 1000W 80PLUS GOLD電源
OS Microsoft「Windows 10 Home(64ビット)」
サイズ 200(W)×450(D)×460(H)mm
価格 24万5800円

メッシュフロントパネルから透ける
RGBファンがイカス

 まずは外観から見ていく。PCケースには、METALLIC GEARのミドルタワーケース「NEO AIR」を採用している。フロントパネルをメッシュにした通気性重視のデザインで、120mm角のRGBファン2基が透けて見える様子が洒落た印象を受ける。なお、ケースの色は黒だけでなく、白も選択可能だ。

天面のインターフェースは、USB 3.0が2基とオーディオ端子、LEDの制御ボタン、リセットボタンがある

背面の様子

 サイドパネルはガラス製。内部はシンプルなつくりで裏配線が可能になっており、電源ユニットやドライブベイなどは裏側に設置できる。パーツの交換や増設をする際にも苦労する部分は少ないだろう。

内部のスペースは余裕があり、大きめのビデオカードや簡易水冷ユニットなども搭載可能

メモリーにはCrucial製品を採用している

 広々としたスペースがあり、長さ400mmまでのビデオカードを搭載できる。昨今、高機能な最新GPUを搭載したビデオカードは大型化が進んでいるので、奥行きが広く取られているのはありがたい。

 ただ、今回搭載しているRTX 3070 Tiのようなアッパーミドルクラス以上のモデルになってくると、カードの長さと重さでPCI Expressスロットに負荷がかかってきそうなので、ステーのような支えを用意したほうが安心かもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
04月
05月
06月
08月
09月
2021年
02月
03月
04月
06月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
09月
10月
2016年
01月
03月
05月
2010年
05月
2008年
11月