前へ 1 2 3 次へ

老舗BTOメーカー「STORM」の工場に潜入! Crucial正規代理店の高品質PCのこだわりを聞いた

文●高橋佑司/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨今、外出自粛の影響で自宅でできる趣味を新たに始めた、という人が増えてきている。Nintendo Switchなどのゲーム機も品薄が続いているなど、この機にゲームを遊び始めた人も多いようだ。

 日本においてはコンシューマーゲームの人気も根強いが、近年はシューティング系ゲームを中心にした「eスポーツ」の盛り上がり、YouTubeやOPENREC.tv、Twitchなどを通したゲーム配信の増加、ゲームを生業にする「プロゲーマー」の登場などもあり、若年層にもPCゲーミングが普及してきている。

 PCゲーミングにおいて人気が高いのが、BTO(Build To Order、受注生産方式)メーカーのPCだ。BTOのPCはユーザーの注文を受けてから組み立てるため、CPUやビデオカードのアップグレード、ストレージの追加、メモリーの増設など、スペックの一部を自分好みにカスタマイズできる。コスパが高い製品も多く、“ゲーミングPCといえばBTO”というイメージを持っている人もいるだろう。

 そんなBTOメーカーの1つ、「STORM」をご存じだろうか。STORMはPCパーツ商社のアイティーシーが母体となっている、BTO PC製造20年の歴史を誇る老舗メーカーだ。

 メモリーやSSDなどのメーカーで人気の高い「Crucial」の国内正規代理店を務めていることもあり、信頼性の高いCrucial製パーツをPCに採用するパーツ選定のこだわりなどが特長になっている。

 今回、そんなSTORMの工場にお邪魔して、実際の組み立て現場の様子を見学する機会を頂いた。さらに組み立て作業を担当しているビルダーの方からもお話も伺えたので、そのPCづくりへのこだわりを紹介したい。

田んぼの真ん中の工場から
パーツ&PCを出荷

 工場の場所は茨城県の某所。のどかな田園風景のど真ん中にある。一目で工場と分かる感じの佇まいではないが、もとは農家の施設だったらしいというから納得だ。

 なかに入ると、うず高く積まれた段ボールが目を引く。パーツ単体での販売用の在庫や、BTOのパーツでもかさばるPCケースなどが主に置かれているようだ。PCケースは1つ1つが大きいというのもあるが、同社が取り揃えているケースの種類の豊富さがわかる。

完成したPCだけでなく、パーツ単体も扱っているSTORM。パーツもここから出荷している

 また、なかには正規代理店を務めているCrucial製のメモリーやSSDなどが置かれた棚も。一般のユーザーにはなかなか馴染みのない、箱いっぱいに詰められたメモリーやSSDの商用パッケージなども見られた。

Crucial製品専用の棚

他のBTOメーカーなどにも出荷している、SSD/メモリーの法人向けパッケージ。パーツがいっぱいに詰められた箱は個人のユーザーではなかなかお目にかかる機会はない

 組み立てを行なっている場所は、在庫が置かれているところを抜けた奥のスペースにある。入り口から入るとBTO PCに組み込むパーツ類が置かれており、作業場はさらに奥に設置されていた。

 向かって右手側がPCの組み立てを行なう場所、左手側が組み上げたPCの動作検証スペースになっている。筆者がお邪魔した時には4人ほどで作業していた。

建物の奥に設置された組み立て場の、半分ほどのスペースはパーツ類が置かれている

ここにはBTO PCに組み込むパーツ類が置かれている

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
06月
07月
08月
09月
2017年
09月
10月
2016年
01月
03月
05月
2010年
05月
2008年
11月