このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第145回

消えた「シェールガス革命」/サプライチェーン崩壊が招く「ムーアの法則」の終焉

2021年07月12日 09時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?

一時のブームに沸いたシェールガス業界の崩壊は、環境の面からも、雇用の面からも必然であった。同業界が創出すると期待された雇用の数は大幅に水増しされており、しかも、その多くはすでに存在していない。

≫ 続きはこちら

半導体不足、サプライチェーン崩壊が招く「ムーアの法則」の終焉

ムーアの法則の存続が危機に晒されている。ただしそれは、集積技術が限界に達したからではなく、柔軟性にかけるサプライチェーンによるものだ。半導体業界はいまだに大きな需要のある古い世代のチップを作りたがっていないのだ。

≫ 続きはこちら

ペロブスカイト太陽光電池、実用化へ数社が名乗り

シリコン太陽電池より安価で高効率な太陽電池を作れると期待されているペロブスカイトは、不安定であることが実用化の課題となっている。しかし最近になり、その課題を解決したとする企業がいくつか現れている。

≫ 続きはこちら

自動推論で「コラッツの予想」の証明に挑戦=CMU研究チーム

カーネギーメロン大学の研究チームは、自動推論の手法を用いて、未だかつて誰も成し得ていない「コラッツの予想」の証明に取り組んだ。証明は成功しなかったものの、自動推論手法の可能性を実証するという点では「尊い失敗」だった。

≫ 続きはこちら

「危険すぎて使えない」太陽地球工学をハーバードはなぜ研究するのか

ハーバード大学の研究チームは、気候変動問題に対処するため、成層圏に微粒子を散布して太陽光を宇宙に反射する太陽地球工学の研究に取り組んでいる。チームは、より理解を深めるために小規模な野外実験の準備を進めてきたが、後戻りできない可能性が指摘され、反対の声は根強い。

≫ 続きはこちら

米国のサラダボウルで考えた 農業とアグテックの未来

大穀倉地帯からはずれた「米国のサラダボウル」と呼ばれるサリナスは、レタスやカリフラワーといった野菜の栽培が盛んな地域だ。天候や病気などの不確定要素が多く、激しく変動する価格の影響を受ける農家に対して、テック企業は機械学習やリモートセンシングなどの「アグテック」を売り込んでいる。テック企業の売り込みは役に立たないと一蹴する農家もいるが、アグテックは最終的に農家に役に立つ情報をもたらせるのか。

≫ 続きはこちら

写真家と科学者が協働:写真で見る、気候変動の凄まじさ

世界中で気候変動が与える影響を示すために、写真家のイワン・バン・コラーが撮影した写真に科学者が注釈を付けた。

≫ 続きはこちら

「X-NIHONBASHI」が地上で育む 宇宙ビジネスのイノベーション

宇宙ビジネスの一大拠点が、東京の中心エリア、日本橋に形作られようとしている。主導するのは、三井不動産が展開する宇宙関連領域におけるビジネス活性化促進プロジェクト「X-NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」だ。拠点づくりを進め、集まる多彩なプレーヤーと協業しながら、宇宙ビジネスにおけるイノベーション創出を目指す取り組みについて、同社の川瀬康司氏に話を伺った。

≫ 続きはこちら

「Innovators Under 35 Japan」候補者募集中

才能ある若きイノベーターたちの発掘を目的とする国際アワード「Innovators Under 35」の日本版となる「Innovators Under 35 Japan 2021」を開催。広く候補者を募集しています。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ