このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第637回

クレカサイズでおサイフケータイ対応になったJelly 2を衝動買い

2021年06月17日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レジのお姉さんに“ちっちゃ!”と驚かれたが、3インチ極小画面でもPayPayのバーコードは完読できた

ディスプレーは小さくてもPayPayバーコード支払いも対応

 お散歩にはお小遣いが必要だが、小さな3インチの画面に表示されたPayPay画面のバーコードもセブンイレブンで難なく読めることも分かった。やっぱりJelly 2は最強のお散歩スマホだ。

 最後に今回はまだ設定前だが、おサイフケータイの中でもSuica機能は“お散歩スマホ”の必須の機能だ。筆者は、現在メインのスマホである重厚・長大・超多機能なGalaxy Z Fold 2 5Gの背面にスマホホルダーを取り付け、内部に改札機自動チャージのプラスティック ビックカメラSuicaを入れて超アナログ的に使っている。

極小Jelly 2が筆者の3台目のSuicaとなる日も近い

 一方、wena 3腕時計ベルトにもSuica機能を入れており、Jelly 2が3つ目のSuicaデバイスとなる予定だ。スマホと腕時計のコレクターでもある筆者は、毎日、違うスマホを携帯して、気分次第で別の腕時計をしても、Suicaを代表とする生活インフラ系の要素は何時も変わらず使いたいので、ここ毎日は対応手段を考え中だ。

 いつそのような時代が来るか予測すらできないし、それまで生きていられるかも分からないが、手首や指先にクラウドやスマホと常時繋がるアンブレーカブルなセキュリティChipが埋め込まれる日まで、筆者の悩みもスマホメーカーの新商品開発も終わりはないだろう。

 
T教授

今回の衝動買い

アイテム:Unihertz(ユニハーツ)「Jelly 2
・購入:ヨドバシカメラ
・価格:2万4800円

T教授

 日本IBM社でThinkPadのブランド戦略や製品企画を担当。国立大芸術文化学部教授に転職するも1年で迷走。現在はパートタイマーで、熱中小学校 用務員。「他力創発」をエンジンとする「Thinking Power Project」の商品企画員であり、衝動買いの達人。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン