このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第637回

クレカサイズでおサイフケータイ対応になったJelly 2を衝動買い

2021年06月17日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブルー系のツートーンが大人っぽくて落ち着いた雰囲気だ

実用的な超小型スマホ「Jelly 2」の仕様をチェック

 本体の背面カラーはオフなメタリックなブルー。指紋認証部分とカメラ周囲は同系のグリーンカラーで大人のコンビネーションでまとめられている。側面にはType-Cポート、SIMトレー、赤いプログラマブルキー、電源キーが並ぶ。

側面にはType-Cポート、SIMトレー、赤いプログラマブルキー、電源キーが並ぶ

 Jelly 2を使い始めた当初は、電源キーとプログラマブルキーの押し間違いが多発したが、これも少し慣れてくれば自然に解消する。反対側面に音量大小ボタンがあるので、Android共通の電源キーと音量小ボタンの長押しをするスクショが少し戸惑う。実際にはスクショをプログラマブルキーにアサインすることで、より簡単に解決することもできる。

 SIMトレーにはSIMスロットが2つ。1つはmicroSDカードと排他処理となる。コンパクトで中身のぎっしりと詰まったJelly 2なので、取り扱いには付属するTPU素材の専用ケースに入れて使うのが安心だ。実測したところケース込みでも、たったの119gだった。

SIMトレーはnanoSIM2個。1個はmicroSDカードと排他仕様となる

付属のクリアなTPUケースで本体保護した状態でも実測たったの119gだ。軽い!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン