このページの本文へ

IoTプラットフォームのソラコム、6社と資本提携を含むパートナーシップを締結

2021年06月10日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソラコムは6月10日、セコム、ソースネクスト、ソニーグループ、日本瓦斯(ニチガス)、日立製作所、World Innovation Lab(WiL)の6社と資本提携を含むパートナーシップを締結すると発表した。

 ソラコムはIoTプラットフォーム「SORACOM」を提供。製造、物流、一次産業からコンシューマー製品に至るまで、1万5000を超えるさまざまな業界・規模の顧客がSORACOMを活用しており、2017年にM&AによりKDDIグループ傘下入りしてIoT事業を成長。SORACOMの主力サービスのIoTデータ通信サービス「SORACOM Air」は、2015年にサービス提供開始しておよそ6年間で総契約回線数は300万回線を達成したという。

 新たに6社とのパートナーシップ締結することで、KDDIおよび6社とのグローバルビジネス協業を通じてSORACOMの海外利用実績を拡大し、顧客フィードバックに基づいてサービスを拡充するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ