前へ 1 2 次へ

ゲームに勝つための超軽量ワイヤレスマウス「Razer Orochi V2」実機レビュー

文●ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プログラマブルボタンを6個搭載、マクロも登録可能

 もちろんカスタマイズ機能も豊富に用意されている。管理ユーティリティー「Razer Synapse 3」を使えば、感度やポーリングレートを設定したり、右マウスボタン、スクロールホイール、DPIサイクルボタン、サイドボタン×2にほかのマウスの機能やキー操作を自由に割り当てられる。

 また、一連の操作をマクロとして記録し、そのマクロを一操作で登録・実行可能だ。

 「Razer Synapse 3」はRazer製ゲーミングノートPC、キーボード、マウスを統合的に管理できる。また登録したマクロも共用可能だ。インストールするアプリケーションを最低限に留め、設定・管理の手間を軽減したいのなら、できるだけゲーミングデバイスをRazer製で統一したほうがいいのは言うまでもない。

本製品の設定、カスタマイズには管理ユーティリティー「Razer Synapse 3」を使用する

右マウスボタン、スクロールホイール、DPIサイクルボタン、サイドボタン×2にほかのマウスの機能やキー操作を自由に割り当てられる。また、一連の操作をマクロとして記録し、そのマクロを登録・実行することも可能だ

Synapseを使えば、感度(DPI)に、ポーリングレート、マウスマット表面較正、パワーセーブ、低電力モードが設定可能である

実用性を最重要視で選ぶのならOrochi V2で決まりだろう

 先代Orochiが発売されたのが11年前。2代目となるOrochi V2は、先進のスペックを採用しつつ、比較的安価に価格が設定されている。

 ライティング機能は搭載されていないので、有線マウスのようにRazerロゴが光ったりはしない。手頃なサイズ、軽量性、駆動時間を考慮した、あえての選択である。

 Razerのワイヤレスゲーミングマウスから、ゲーミングマウスとしての実用性を最重要視して選ぶのなら、Orochi V2は最右翼の存在だ。

 
前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月