Razer、解像度1万8000DPIのゲーミングマウス「Orochi V2」

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerは5月20日、ゲーミングワイヤレスマウス「Orochi V2」を日本国内で発売すると発表した。同社の国内正規流通代理店MSYを通じて、全国の家電量販店、PCショップ、オンラインショップなどで5月28日から販売を開始する。価格は8980円。

 独自のワイヤレス技術「HyperSpeed Wireless Technology(ハイパースピードワイヤレステクノロジー)」を採用したゲーミングワイヤレスマウス。低レイテンシーと高速伝送でスワイプとクリックを瞬時に実行できるほか、周波数をシームレスに切り替えて安定性を維持できるなど適応性にも優れる。また、リチウム単三電池を利用してBluetooth接続で利用した場合、最大950時間稼働する。

Razer Orochi V2 Black Edition

 金メッキを施した第2世代 Razer メカニカルマウススイッチを搭載し、最大6000万回のクリック耐久性を誇る。解像度1万8000DPIのオプティカルセンサーも備え、マウスの小さな動きも追跡するため、FPSゲームなどで正確な操作が可能とのこと。

Razer Orochi V2 White Edition

 本体デザインは左右対称の右利き用で、PCゲーマーはもちろんテレワークにも最適とする。マウスソールにはPTFE100%の「PTFE マウスソール」を採用。耐久性が高いうえに摩擦係数が低いソールは、余計なマウスの動きを抑えて滑りが良い状態をキープする。

 マウス本体にはプログラム可能なボタンを6個装備する。独自のWindows用ソフト「Razer Synapse 3」を使えば自由にマクロを割り当てられる。同ソフトではマクロやDPIも設定可能で、設定したプロファイルはマウス本体に保存できる。外出先のさまざまな環境でも、オンボードメモリーに保存した自分の設定でマウス操作が可能だ。

 カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色を展開。対応OSはWindows 7以降。本体サイズ/重さ(電池除く)は、およそ幅108×奥行き60×高さ38mm/およそ60g。また、日本ではOrochi V2のカスタマイズオプション「RAZER CUSTOM」は取り扱わない。

Razer Universal Grip Tape 装着例

Razer Sphex V3

 Razerは5月28日から、ゲーミングデバイスのボタンやキーキャップなどに貼りつけられるすべり止めテープ「Universal Grip Tape」(1480円)、ハードタイプのマウスパッド「Sphex V3」(1480円)、ストリーミングや電話会議に最適なリングライト「Razer Ring Light」(3480円)も発売する。

Razer Ring Light

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月