このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第282回

山根博士のグロスマレビュー

駆けぬける歓び! BMWのスポーツカーをイメージしたVivoスマホ「iQOO 7 Legend」

2021年05月29日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界スマホシェアトップのひとつに名を連ねるVivoは、ハイエンドモデルからエントリー端末まで多数の製品を海外展開している。複数あるラインナップのうち「iQOO」(アイクー)シリーズはゲーミングユースを意識したハイスペックな製品を擁する。その最新かつ最上位モデル「iQOO 7」には自動車メーカー「BMW」のモータースポーツ・レース部門である「BMW M」とコラボしたモデルも提供している。BMW Mの世界観をそのままスマートフォンに詰め込んだ、その「iQOO 7 Legend」を紹介しよう。

iQOO 7 Legend

Mの血統を思わせる3色のライン
スペックも世界最速レベル

 iQOO 7 LegendはパッケージにもBMW Mとのコラボが協調されている。付属のクイックスタートガイド類や透明ケースもすべてBMW Mバージョンの特別仕様となっている。なお価格はメモリー12GB、ストレージ256GBのモデルが約799ドル(約8万6000円)、メモリー8GBmストレージ128GBのモデルが約599ドル(約6万5000円)。

パッケージや透明ケースもBMW M仕様だ

 iQOO 7 Legendは6.62型(2400x1080ドット)有機ELディスプレーを搭載。ディスプレーは側面の角を落とさないフラットタイプ。フロントカメラはパンチホール型で上部中央に1600万画素を搭載する。本体サイズは約75.8×162.2x8.7mm、重量は209.5gとなっている。

iQOO 7 Legendのディスプレー側。ディスプレーはフラット形状

 背面にはメーカーであるVivoのロゴはなく、カメラ周りにiQOOのロゴが入っている。VivoとしてはiQOOはVivoのラインナップとは独立した、まったく新しいシリーズであることをアピールしたいのだろう。背面はホワイト仕上げで片側にBMWのMモデルを思わせるレッド、ブラック、ブルーのラインが入っている(実際のMのカラーとはちょっと違う)。この背面は表面を透明なつや消し素材で覆っており、指紋の跡が残らない。わずかな光沢感もあり、高級な印象も受ける。カーブを付けた角処理により持ちやすい形状だ。

iQOO 7 Legendの背面。スポーツカーをイメージしたカラーリング

付属のカバーをつけるとiQOOやBMWのロゴが一体化したデザインとなる

 本体右側面の電源ボタンは表面をブルーにしている。左側面は何もない。上部と下部はフラット仕上げだが、上部は中央に1本のラインの筋が彫られている。下部にはUSB Type-C端子、SIMスロット、スピーカー穴を備える。

本体右

本体左

本体上

本体下

OSはOrigin OSとAndroidを切り替えられる

 OSはAndroid 11ベース、Vivo独自UI(ユーザーインターフェース)のOrigin OS 1.0を搭載する。VivoのスマートフォンはこれまでFuntouch OSを採用していたが、Origin OSはUIとUX(ユーザーエクスペリエンス)を大幅に変更した。

標準のホーム画面は3枚ある

 Origin OSのホーム画面はウィジェットとアプリアイコンを配置できるが、プリインストールアプリはアプリのサイズを「小」「横長」「大」「縦長」の4種類に変更できる。よく使うアプリのアイコンを大きくしたり、関連アプリアイコンを並べるときに配置のカスタマイズ性が高まる。アイコンサイズの変更はWindows Phoneでも採用されていたが、ホーム画面を自分の使いやすいように設定できるのだ。

 またアイコンのない場所を長押しすると、それぞれのアプリやウィジェットの名前が表示される。ディスプレーの右上から画面中央にスワイプするとコントロールセンターが出てくるのはFuntouch OSの動作を引き継いでいる。

(左)アプリアイコンサイズは変更可能。(中)長押しで名前を表示。(右)コントロールセンター

 なお、Origin OSと標準のAndroidの切り替えもワンタッチでできる。利用シーンに応じて好みのUIを使い分けられるわけだ。

Origin OSからAndroidへの切り替えはワンタッチ。切り替えの数秒間に「パラレルワールドを旅しています」という楽しい表示も出る

 設定関係ではネットワーク関連に「5G検索」があり、中国各都市の5Gカバレッジを地図上で表示できる。ただし残念ながらこの機能は中国のSIMカードをいれ、中国国内でのみ利用できるようだ。他に目立ったところではディスプレーのリフレッシュレートを60Hzと120Hzで切り替えできる。

(左)設定画面。(中)5G検索で都市ごとのカバレッジを表示。(右)リフレッシュレートの切り替え

 iQOOシリーズがゲーミングスマートフォンであることの証がゲーム関連の設定だ。対応ゲームごとにフレームレートやバイブレーション、ゲームのカウントダウン表示の設定ができる。他社のゲーミングスマートフォンでは専用のゲーム設定画面を持つものもあるが、iQOO 7 Legendでは通常の設定画面の「ウルトラゲームモード」の中にこれらの設定がある。対応ゲームの追加はOSのバージョンアップで対応される。

ゲームごとの細かい設定ができる。ゲーミングスマートフォンならではの設定だ

 チップセットはSnapdragon 888、メモリーは8GBまたは12GB、ストレージは128GBまたは256GB。今回テストしたモデルは最上位モデルとなる12GB+256GBモデルだが、端末の詳細画面を見ると「12GB+3GB」という表示が見える。ストレージの一部をメモリとして利用できる「拡張メモリ」機能が搭載されており、最大15GBのメモリが利用できる。ハイスペックゲーム利用時などにその恩恵を受けることができそうだ。なお、AnTuTuのスコアは726891とスペック相応にかなり高かった。一時はランキングトップだったほどだ。

(左)RAMに「12.00+3.00GB」が見える。(右)AnTuTuスコアは726891

 バッテリーは4000mAh。120Wの超高速充電に対応しており、15分で満充電が可能だという。付属の充電器を使ったところ、目で見ている間に充電されていくのがわかるほど。朝目が覚めて、バッテリーが空でも洗面や着替えをしている間に満充電できてしまうのである。

付属の120W充電器を使うと15分で満充電できる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン