このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第665回

アップル「iPhone 13」カメラ斜めに配置? 3Dレンダリング画像がリーク

2021年05月11日 19時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2021年後半に発売するとうわさの「iPhone 13」の3Dレンダリング画像がリークされた。インドメディアMySmartPriceが4月13日に伝えている。

 3DレンダリングされたiPhone 13のデザインはiPhone 12とあまり変わらないように見えるものの、ノッチが小型化していることが確認できる。

 さらにMySmartPriceは、カメラ用の切り欠きの数が増えたことから前面カメラが2個になる可能性も指摘している。

 大きく変わった……というか、一般的なユーザーから見てもわかるのは背面カメラの配置だ。これまでは上下に配置されていたレンズの位置関係が斜めに変わっている。

 デザインは似ていても、背面カメラの配置を見れば12なのか13なのか見分けがつくようになるのかもしれない。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中