このページの本文へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第22回

アップル×エルメス「AirTag Hermès」見つからない探しものを追跡

2021年04月30日 17時30分更新

文● 飯島エリコ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

購入したAirTagにはコイン型の電池が入っているので、すぐに利用可能

AirTagは設定がとても簡単

 AirTagは、購入したらすぐに使い始めることができます。設定はとても簡単。開封するときに手元にiOS 14.5以上にアップデートしたiPhoneを用意しましょう。AirTagのパッケージを開けて、AirTagについている保護シートを外します。この保護シートはAirTag内の乾電池の絶縁シートの役割もしていて、シートを外すと通電し「ピロン」と音が鳴って動き出します。

保護シートを外すと通電し「ピロン」と音が鳴って、iPhoneとペアリングを開始します

 すると、iPhoneにAirTagの表示が出るので、案内に従ってAirTagに名前や絵文字を付けて設定をはじめましょう。準備はこれで完了です。あとは、大事なものにエアタグを付ければOKです。

接続した後は、AirTagに名前と絵文字を付けます

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中