• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「おれは!!!おれが想うまま、おれが望むまま!!!!邪悪であったぞ!!!!!!!!」

数々の名場面の記憶が蘇る!「幻想水滸伝」シリーズのオーケストラコンサートが配信中!

2021年04月08日 13時00分更新

文● Zenon/ASCII

 ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO(JApan Game Music Orchestra)」は、株式会社コナミデジタルエンタテインメントのRPG「幻想水滸伝」シリーズを題材としたオーケストラコンサートツアー「幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert」のオンライン公演を、2021年4月4日から配信開始。

 本公演は、2020年10月よりスタートしたオーケストラコンサートツアーの4公演を、4週にわけて再配信するもの。配信スケジュールは2021年4月4日、4月11日、4月18日、4月25日で、各配信終了後2週間のアーカイブ配信期間がある。以降でご紹介するファンのコメントは、アーカイブ配信には含まれない。

 各回ごとに公演プログラムは異なるため、詳しくは特設サイトを参照してほしい。

 なお、視聴の際はオンラインライブ配信サービス「Thumva」への無料会員登録と、観覧チケットの購入が必要となる。

■「幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online」配信ライブツアー特設サイト
https://thumva.com/events/d1wFsd5qMQv8vYN

 ここでは、2021年4月4日に配信された、第1回目のレポートをお届けする。

 公演は「幻想水滸伝」シリーズの曲を演奏しつつ、曲の盛り上がりにあわせてゲーム映像を挿入する演出で進行。

 「Episode of Leknaat」では、主人公の親しい人たちが亡くなっていくシーンが立て続けに挿入され、かつてゲームを遊んだプレイヤーの視聴者から、「この流れはヤバい」「涙腺崩壊」「グレミオー!!」などの実況コメントが寄せられていた。

 『幻想水滸伝Ⅱ』のルカ皇子をテーマにした「Episode of Luca」では、その凶悪な強さとカリスマ性から、いまなおゲーム史で語り継がれるほどの名言「おれは!!!おれが想うまま、おれが望むまま!!!!邪悪であったぞ!!!!!!!!」のシーンも流しつつ、大音量のボス戦曲を熱演して鳥肌が立つほどだった。

 シリーズの人気キャラクター・ビクトールをテーマにした「Episode of Viktor」では、彼の故郷を滅ぼした吸血鬼・ネクロードとの因縁深い楽曲とシーンをチョイス。

 ネクロードの根城で彼自身が弾いていたパイプオルガンの曲は、コンサート会場の特大パイプオルガンを使用して演奏。その荘厳な音色に圧倒されるとともに、全身を駆使して演奏する奏者の手元や足元も見られるなど、オンライン配信ならではの見せ方も際立っていた。

 途中の『幻想水滸伝Ⅰ』帝都グレッグミンスターの曲では手拍子をしたり、締めのテーマ曲を演奏する際には楽しそうな笑顔を見せるなど、本当に「幻想水滸伝」が好きな人たちが演奏しているのだと感じられて、いちファンとしてもうれしかった。

 また、メインコンサート終了後のボーナスコンサートでは、ゲーム画面をフルで流しつつ、本番の収録音源を重ねて再構築した映像を見ることができる。

 そちらでは数々の名場面が収録されており、より当時の思い出がよみがえってきて、今すぐにでもゲームをプレイしたくなった。

 ちなみに、現在シリーズを遊ぶ手段としては、『幻想水滸伝Ⅰ・Ⅱ』がPlayStation Portable版(以下、PSP)で配信中。PlayStation 3(以下、PS3)/PlayStation Vita(以下、PS Vita)でもダウンロードして遊ぶことが可能だ。価格は、1885円。

 また、『幻想水滸伝Ⅲ』はPS2アーカイブとして、PS3のPlayStation Storeにて購入できる。価格は、1257円。

『幻想水滸伝Ⅰ・Ⅱ』ソフトウェアカタログ

『幻想水滸伝Ⅲ』ソフトウェアカタログ

※PS3/PSPは2021年7月2日、PS Vitaは2021年8月27日に、それぞれPlayStation Store自体が閉鎖される予定

 ただ、残念ながら『幻想水滸伝Ⅳ』『幻想水滸伝Ⅴ』(+外伝など)はとくに再販されていないため、現役で稼動するPlayStation 2を所持している人しか遊べない状況となっている。

 根強いファンも多い人気シリーズなので、昨今のHD化、リメイクの流れに乗って、ぜひ現行ハードであるPlayStation 4/PlayStation 5またはNintendo SwitchやXbox、PCで遊べるよう、復活を期待したいところだ。

 

 次回の公演は、2021年4月11日18時より配信される。プログラムは、「Episode of Gremio」「Episode of Flik」「Episode of Jowy」の3本立てで、それぞれ「グレミオ」「フリック」「ジョウイ」をテーマとした内容となる模様。

 いずれも人気が高く名場面も多いキャラクターなので、『幻想水滸伝Ⅰ』『幻想水滸伝Ⅱ』のファンはぜひ次回の公演を視聴してもらいたい。

サムネの背景だけでもう涙腺がヤバい……!

【公演概要】

公演名:幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online
公演特設ページ:https://thumva.com/events/d1wFsd5qMQv8vYN

【公演スケジュール】

●2021年4月4日 -for the 108 Stars of Destiny-
メイン配信:18時 配信開始
アーカイブ配信期間:2021年4月4日20時30分~4月19日23時59分
ボーナス配信:21時30分 配信開始
アーカイブ配信期間:2021年4月5日0時~4月19日23時59分

●2021年4月11日 -Episode of Jowy-
メイン配信:18時 配信開始
アーカイブ配信期間:2021年4月11日20時30分~2021年4月26日23時59分
ボーナス配信:21時30分 配信開始
アーカイブ配信期間:2021年4月12日0時~4月26日23時59分

●2021年4月18日 -Chamber Orchestra of Suikoden-
メイン配信:18時 配信開始
アーカイブ配信期間:2021年4月18日20時30分~2021年5月3日23時59分

●2021年4月25日 -Episode of Luc-
メイン配信:18時 配信開始
アーカイブ配信期間:2021年4月25日20時30分~5月10日23時59分
ボーナス配信:21時30分 配信開始
アーカイブ配信期間:2021年4月26日0時~5月10日23時59分

【チケット情報】

<4公演通しチケット(FC割引)>
販売期間:~2021年4月19日21時
※2021年4月4日、4月11日、4月18日、4月25日の4公演の通常配信とボーナス配信を視聴可能。
※4月18日のボーナス配信はありません。

▼パトロネージュ・ゴールド
価格:
1万2650円 ※通し券のみ割引有効
▼パトロネージュ・ブルー
価格:
1万3750円 ※通し券のみ割引有効

<4公演通しチケット>
価格:
1万4300円
販売期間:~2021年4月19日21時
※2021年4月4日、4月11日、4月18日、4月25日の4公演の通常配信とボーナス配信を視聴可能。
※4月18日のボーナス配信はありません。

<ボーナス配信付き視聴チケット>
価格:
4950円
販売期間:各公演配信日の21時まで
※通常の配信に加えてボーナス配信を視聴可能。

<視聴チケット>
料金:
3850円
販売期間:各公演配信日の21時

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう