このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第640回

おなじみミンチー・クオ氏の予測:

アップル、iPhoneのノッチをパンチホールに変更へ?

2021年04月01日 16時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2022年に発売するiPhoneからはノッチ(画面上部の切り欠き)が廃止されるかもしれない。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が3月1日に予測を出した。

 同氏によると、ノッチの代わりに画面の一部に穴が空いたパンチホールデザインがハイエンドモデルに採用されるという。ただし、生産量を十分に確保できればすべてのモデルで採用される可能性もあるとしている。

 このほかフロントカメラにもオートフォーカス機能が搭載されるとのことだ。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中