このページの本文へ

凸版印刷、バーチャルオープンキャンパスを実現するパーソナルアシスタントサービス「TOP VRAIN」を開発

2021年03月31日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 凸版印刷は3月31日、学生の趣向に沿った大学の学部・学科をレコメンドする対話型AIとウォークスルーVRによる、遠隔でオープンキャンパスを実現するパーソナルアシスタントサービス「TOP VRAIN」を開発したことを発表した。

 TOP VRAINによるバーチャルオープンキャンパス「TOP VRAIN for Campus」は、対話型AIを使用したコンテンツマッチング手法による大学の学部・学科をレコメンドが可能。また、マッチングした大学の学部・学科施設を撮影したウォークスルーVRを使用して、バーチャル空間でのオープンキャンパスを体験できる。

 また、TOP VRAIN for Campusを活用し、中央大学にてバーチャルオープンキャンパスの実証実験を3月31日~5月31日の期間で実施予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ