このページの本文へ

凸版印刷、子ども達の読解力向上を支援する「navima読解力育成ドリル」を開発

2021年03月15日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 凸版印刷は3月15日、子ども達の読解力向上を支援するため「文を正確に読む力」を身に付ける「navima読解力育成ドリル」を開発したことを発表した。また、4月より提供を開始する、小中学生向けICT学習サービス「navima」に搭載される。

 navima読解力育成ドリルの開発に先立ち、全国の小中学生約1500人を対象に読解力を測る独自の調査を2020年8月1日から9月4日に実施した。

 調査内容は、文の題材は「具体的な場面や状況を思い浮かべやすい具体物」と「具体的な場面や状況をイメージしづらい抽象物」の2パターンで構成した問題と文法理解度を評価ができる「J.COSS 日本語理解テスト」をベースに独自のオリジナル問題で判定した。

 結果、回答及びアンケートの集計・分析から文構造には難易度があることや抽象的テーマは具体的テーマに比べて正答率が低いこと、成績が低いこどもは思い込みで問題を誤答する傾向があることがわかった。

 これらの独自調査結果や、先行研究の調査や専門家へのヒアリング、「J.COSS日本語理解テスト」の内容をもとに開発したnavima読解力育成ドリルは、複数の難易度を段階的に組み合わせた独自の構成により、スモールステップで「文を正確に読む力」を養うことができる。イラストを取り入れた短い文の問題から始め、徐々に難易度を高くすることで文を読むことが苦手でも無理なく学習に取り組むことができる。

 文構造の理解や曖昧な文の読み方に対して、隠れたつまずきを見つけ出す問題を出題。単語を拾い上げなんとなく読む場合、読み間違えてしまう文や、自分の知識や経験から内容を推測することができない文の問題を取り入れ、文構造を意識しながら読むことを促す。

 「文構造の理解を促す解説動画」「問題を図解する解説」「文構造の基礎を確認する基礎 問題」など、学びを深める多様な学習体験を搭載。また、問題を間違えた場合、類題を自動で出題し、再び問題を解き直すことで、学習した内容の定着を図ることが可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン