このページの本文へ

東大とDMMがソーシャルVRを発展させるインタラクションデザインの共同研究開始

2021年04月02日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京大学 大学院工学系研究科電気系工学専攻 矢谷研究室とDMM.comは4月1日、共同でソーシャルVRを発展させるインタラクションデザインを研究すると発表した。

 VR上のコミュニケーションと現実のコミュニケーションの差異や、ソーシャルVRプラットフォーム上とその他のソーシャルプラットフォーム上でのユーザー行動がどのように違うかを明らかにすることで、ソーシャルVR環境におけるコミュニケーションの促進に重要な要素を同定し、インターフェース設計を提案する予定とのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ