このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第232回

コロナ禍でPC回帰が顕著に:

スマホとPC、どちらが便利なのか

2021年03月26日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマホとPCはどちらが便利なのか、という比較はネット上でもたびたび話題になるものですが、コロナ禍においては「PCへの回帰」が注目されています。スマホとPCを取り巻く最新状況を整理してみましょう。

■コロナ禍で「PC回帰」が顕著に

 コロナ禍においてPC市場は活況を呈しています。そもそも2020年はWindows 7のサポート終了に伴う特需が終わり、冬の時代になると予想されていました。ところがフタを開けてみると出荷台数は1734万台(IDC Japan調べ)と、前年並みを維持しています。

 テレワークやオンライン学習のために家族が同時にPCを利用するようになり、「1家に1台」では足りないことが追い風になっています。JEITAの調査によれば、2021年1月と2月は前年比2倍と大きく伸長しています。

 若年層の利用も増えています。ニールセン デジタルによる2020年10〜12月の調査では、18〜24歳の60%がインターネット利用にPCを使っており、これは25〜39歳の58%よりわずかに高い数値です。

 この影響はゲーミング市場にも波及しています。バトルロイヤルゲームとして人気の「フォートナイト」や「Apex Legends」では、本格的にプレイするならPCという認識が広まり、ゲーミングPCが売れています。ただ、問題は「ゲームはうまいのにPCの知識がない」若者が増えていることです。

 そこでPCメーカー各社では、ゲーミングPC向けの有償サポートを始めています。3月22日にはレノボが24時間365日対応の「Legion Ultimate Support」を発表しました。

ゲーミングPC向けの有償サポートにレノボも参入

 かつてPCゲームといえばPCに詳しい人がプレイしているイメージがありましたが、どんどん新しい世代が入ってきています。これもPC回帰を示す現象といえるでしょう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン