• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

シーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の最後のDLC

『シヴィライゼーション VI』DLC第6弾!ポルトガルのジョアン3世の動画を初公開!

2021年03月19日 18時40分更新

文● Zenon/ASCII

 2Kは3月19日、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』DLC第6弾「ポルトガルパック」を2021年3月26日に配信すると発表。あわせて、ポルトガルの指導者ジョアン3世の動画を初公開した。

 「ポルトガルパック」は、シーズンパス 「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の最後のDLCとなる。DLC単体価格は550円。

■リーダー初公開:ジョアン3世(字幕あり)

※日本語字幕でご覧いただくためには、画面右下より字幕設定をONにしてください。

以下、リリースより。

 以下は、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』で紹介されるジョアン3世の主な特徴です。

 「植民王」の異名を持つ一方、より親しみやすい「敬虔王」という名でも呼ばれるジョアン3世は、ポルトガルとアルガルヴェ王国の王であり、西暦1521年から1556年まで国を治めました。

 ジョアンは宗教に対する人文主義的なアプローチを後援しましたが、異端審問がついにポルトガルに現れたのも彼の治世です。彼は外交や有利な政略結婚にも積極的で、ポルトガルの交易網を大いに発展させました。

 ポルトガル固有の能力である「カーサ・ダ・インディア」は、沿岸にある都市や港を持つ都市につながっている国際交易路に限り、その産出量を大幅に増加させます。この能力には、交易商ユニットの行動範囲が広がり、解除後すぐに水域タイルへ出られるという効果がもたらされます。

 ジョアン3世固有の能力である「ポルタ・ド・セルコ」は、あらゆるユニットの視界を拡大します。ポルトガルが新たな文明と出会うたびに交易路の上限が引き上げられ、すべての都市国家の国境が開放されるのもこの能力の特徴です。

 「ナウ船」はキャラベル船に取って代わる固有の海洋近接戦闘ユニットです。最初から無償のレベルアップを1つ備え、キャラベル船より維持費がかからず、ポルトガル固有の特殊な港「フェイトリア」の建設に使えるチャージを2つ持っています。

 ポルトガルには2つの固有建造物、「航海術学校」と「フェイトリア」があります。「航海術学校」は大学に取って代わる建物で、都市の海洋ユニットに対する生産力を向上させるほか、都市が産出する科学力を境界内にある沿岸タイルや湖タイル2つごとに増やし、追加の大提督ポイントをもたらします。

航海術学校

 「フェイトリア」は、ナウ船ユニットを使うことにより、ほかの文明の都市の高級資源やボーナス資源に隣接した沿岸タイルにのみ建設可能です。フェイトリアがある都市に交易路をつなぐと、ポルトガルにもたらされるゴールドと生産力が増えます。

フェイトリアとナウ船

 『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』シーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の最後のDLCとなる、DLC第6弾「ポルトガルパック」は2021年3月26日に配信開始予定です。

 「ポルトガルパック」が含まれている、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』のシーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の価格は4400円です。また、「ポルトガルパック」は単品での購入も可能となっており、その場合の価格は550円です。

 シーズンパスをお持ちの方は、本DLCを無料でお楽しみいただけます。「ポルトガルパック」をプレイするには『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』ゲーム本編が必要です。

 

【ゲーム情報】

タイトル:シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI
ジャンル:ストラテジーゲーム
プラットフォーム:Xbox One/PlayStation 4/Nintendo Switch/PC
販売:2K/テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
開発:Firaxis Games/Aspyr Media
CERO:B(12歳以上対象)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう