インバースネット、AMD Ryzen 5000シリーズを搭載した「GHシリーズ」の販売を開始

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは4月6日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」からAMD Ryzen 5000シリーズを搭載したデスクトップパソコン「GHシリーズ」の販売を開始した。

 本シリーズは、前面と背面に大型ファンを搭載し、裏面配線と電源を区分け配置することで効率的なエアフローによる熱排気が可能なほか、ケース内部には大型の水冷クーラーも搭載でき、熱暴走が気になるハイスペックなパーツにも対応。

 またAMDの7nmテクノロジーの新CPUマイクロアーキテクチャー「Zen 3」を採用。設計見直しにより、クロックあたりの処理能力が「Zen 2」よりもおよそ19%強化。シングルスレッド性能が向上し、ゲーム以外にも様々なコンテンツに最適な性能となっている。

 さらにマザーボードはチップセットにAMD B550を装備。NVMe SSDにはデータ転送速度最大64Gb/sのPCI Express4.0x4対応のM.2スロットを1つ搭載しているほか、インターフェースにはUSB Type-A 3.2(3.1/3.0)Gen1(Max 5Gbps)を4つとUSB 2.0を装備している。

 ケースカラーは白と黒で展開。本シリーズはCPUにAMD Ryzen 5 5600X/AMD Ryzen 7 5800X/AMD Ryzen 9 5900Xを搭載した3モデルが発売され、価格はそれぞれ17万4800円、24万9800円、41万9800円となる。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月