このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「じろじろ見てたでしょ!」 松嶋えいみがコテージで年下クンを誘惑

2020年12月11日 19時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 長身&美脚の「ミラクル神ボディー」こと松嶋えいみさんが、22th DVD「えいみに会えてよかった」(発売元:ラインコミュニケーションズ、収録時間:DVD 123分、価格:4180円)の発売記念イベントを12月6日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

 リリース作品が多い松嶋さんなので、さまざまなシチュエーションの経験があるが、今回はコテージのオーナーという凝った設定。ある日、バックパッカー(=視聴者)に「泊まらせてほしい」と訪問されるところから始まる。ロケは9月に沖縄にて。

――そのバックパッカーとは、どんな展開に?

【松嶋えいみ】 お金を持っていない年下の男の子なんです。「働いてくれるなら泊まらせてあげる」になって、そこからいい関係に発展していきます(笑)。

――お気に入りは?

【松嶋えいみ】 黄色のエプロンを着けて部屋を掃除したり、コテージを案内するところです。「じろじろ(胸やお尻を)見てたでしょ!」とか、男の子を誘惑しちゃいます。

――お勧めしたいのは?

【松嶋えいみ】 白いキャミソールの下にピンクのブラを着けた、朝ベッドのシーンです。窓辺で撮影していて、きれいに仕上がっています。体が美しく見える衣装も好きです。

――沖縄ロケの思い出などは?

【松嶋えいみ】 いつも晴れているのですが、今回は雨が降ったんですよ。それがヒョウ柄の水着を着たシーン。しっとり艶っぽい雰囲気が出ていて、「いいな」と思いました。

――2020年はどんな年でしたか?

【松嶋えいみ】 事務所を移籍しましたし、すごく変化のある年でした。念願のカレンダーを発売できたこともうれしかった出来事です。

 いまアクションのワークショップにも通っていて、グラビアだけではない一面を磨いている最中。趣味のサバゲーでも、イベントに登場して存在感を発揮している。年内最後の撮影会は12月26日の開催予定。「松嶋納めに来てください」とPRした。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ