• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ゲームを続きからプレイするには最強!?「Xbox Series X」の魅力とは

2020年11月05日 23時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

今回レビューするマイクロソフトの最新ゲーム機「Xbox Series X」

 マイクロソフトは、11月10日に次世代ゲーム機「Xbox Series X」と「Xbox Series S」を発売する。「Xbox Series X」は最大解像度8Kに対応し、4K/最大120fpsのゲームプレイが行なえるハイエンド機。一方、「Xbox Series S」は最大解像度が4Kで、WQHD(2560×1440ドット)でのみ最大120fpsに対応する。

 Xboxは、初代が2001年11月と18年前に発売し、その後2005年11月にXbox 360を発売、第3世代となるXbox Oneが2013年11月に発売し、(各ゲーム機には上位機種や普及版も存在する)今回が第4世代機になる。

 CPUは既存のXbox Oneと同じくAMD製で、Zen 2ベースの8コアCPUを採用。GPUは10月28日に発表され、11月18日にグローバルで発売されるAMDの最新GPU「Radeon RX 6000」シリーズと同じく、RDNA 2ベースで12.15 TFLOPSのものを採用する。

 TFLOPSとは演算性能を表す単位のひとつで、同じゲーム機でいうと、PlayStation 4(PS4)が1.84 TFLOPS、PlayStation 4 Pro(PS4 Pro)が4.2 TFLOPS、Xbox Oneが1.3 TFLOPS、Xbox One Xが6 TFLOPS。つまり、Xbox Series XはXbox One Xの2倍、ライバルのPlayStation 5(PS5)の10.3 TFLOPSよりも理論上は高い性能を有する。

 また、Xbox Series XはAMD製のX570およびB550チップセットが対応するPCI Express 4.0(Gen 4)対応のNVMe SSDを搭載する。それだけでなく「Velocity Architecture(ベロシティー・アーキテクチャー)」と呼ばれる技術により、メモリー、SSD、専用ハードとDirectXのAPIを統合し、従来発生していた無駄な読み込みを軽減。結果ゲームの快適化やストレージの高速化を実現している。

「Xbox Series X」と「Xbox Series S」の主なスペック
機種名 Xbox Series X Xbox Series S
CPU AMD Zen 2 CPU(8コア、3.6~3.8GHz) AMD Zen 2 CPU(8コア、3.4~3.6GHz)
GPU AMD RDNA 2 GPU(52CU、1.825GHz) AMD RDNA 2 GPU(20CU、1.565GHz)
GPU Power 12.15 TFLOPS 4 TFLOPS
RAM 16GB(GDDR6) 10GB(GDDR6)
ストレージ 1TB SSD(PCIe Gen 4、NVMe) 512GB(PCIe Gen 4、NVMe)
光学ドライブ 4K Ultra HD Blu-ray 非搭載
ディスプレー出力 HDMI 2.1
サイズ 151(W)×151(D)×301(H)mm 65(W)×151(D)×275(H)mm
重量 4.5kg 1.93kg
価格 5万4978円 3万2978円
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう