このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第104回

大学生がフェイクニュースで1位になった話/IBMがロボット+AIで化学実験をリモート化

2020年09月07日 10時45分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法

オープンAIが開発した言語モデル「GPT-3」を使って作成された偽ブログ記事が、ハッカー・ニュースで1位を獲得した。記事を投稿した大学生は単純な手法を使い、「ほんの数時間」で記事を作成したという。

≫ 続きはこちら

化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス

IBMは人工知能(AI)、ロボット、クラウドを組み合わせて、科学者がリモートで化学実験ができるプラットフォームを構築した。新薬や新素材が市場に出るまでの期間を劇的に短縮し、費用を低下させることが狙いだ。

≫ 続きはこちら

試験代わりに導入された アルゴリズム評価で 「えこひいき」が露呈

コロナ禍にある英国で、実質的な大学入学試験の代わりにアルゴリズムによる成績予測評価が取り入れられた。公平性の担保が狙いだが、アルゴリズムが労働者階級やマイノリティに属する生徒に不利な評価を下すことが分かり、問題となっている。

≫ 続きはこちら

期待はずれのイーロン・マスク劇場、BCI実用化への見えない道筋

イーロン・マスクは8月28日、脳コンピューター・インターフェイス構築企業であるニューラリンクの「製品アップデート」のオンラインイベントを開催した。神経科学者にとって最も興味深いのは、頭蓋骨にあけた穴から脳の表面に配置し、脳の電気信号を無線送信する1ドル硬貨サイズの機器「リンク」かもしれない。

≫ 続きはこちら

量子コンピューターは地下室に作れ 放射線の影響を新研究が解明

量子コンピューティングを実現するには、キュービットの状態をいかに安定させるかがカギとなる。最新の研究により、従来から指摘されていた振動や温度変化に加えて、自然放射線や宇宙からの放射線(宇宙線)が、キュービットの安定性を著しく損なわせることが分かった。

≫ 続きはこちら

この判断は人間に任せていいか?を予測するAIシステム、MIT

人間とAIのどちらの判断が正しいのか?を予測するAIシステムをMITが開発した。両者が協力することで、より正確かつすばやい意思決定が可能になるという。

≫ 続きはこちら

FBがバーチャル空間に音声を追加、AIの「耳」も訓練可能に

フェイスブックのAIラボは、自ら開発したAIエージェント訓練用バーチャル空間に音を付加する機能を追加した。視覚と聴覚の両方が必要となるタスクをこなせるようにエージェントを訓練できるようになる。

≫ 続きはこちら

特殊相対性理論はAIによる未来予測にどう役立つのか

インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者たちが、人工知能に因果関係に基づく推論をさせる新たな方法を発案した。特殊相対性理論で提示された光円錐の概念を利用し、因果関係を持ち得るものとそうでないものとの間に境界線を引くことで、次に何が起こるかをより正確に予測させる。

≫ 続きはこちら

MITテクノロジーレビューからのお知らせ

MITテクノロジーレビューは[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的とした世界的なアワード「Innovators Under 35」(読み方:イノベーターズ・アンダー35)の日本版となる「Innovators Under 35 Japan」を初開催します。現在、候補者を募集中。詳しくは公式サイトをご覧ください。

≫ Innovators Under 35 Japan公式サイト

MITテクノロジーレビュー初の紙媒体となる「マガジン」を9/10に刊行します。刊行を記念して、「Vol.1 AI Issue」プレゼントに加え、日本版Webサイトのサブスクリプション会員(年払い)が15%オフになる特別クーポンをプレゼント中。2020年9月30日 23:59までの期間限定です。この機会をお見逃しなく。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ