このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第542回

アラートでユーザーに警告:

iPhone、ドライバーの飲酒運転を検出可能に?

2020年09月02日 11時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneなどのハイエンドスマートフォンのセンサーを使い、ユーザーが酔っ払っているかどうかを検出できる研究結果が発表された。英メディアBBCが報じた。

 同紙はペンシルベニア州ピッツバーグ大学での最新の研究において、現行のiPhoneを使って10歩歩くだけでユーザーが酔っ払っているかを90%の精度で検出できたと伝えている。

 研究者らはこの発見を利用して、ユーザーに対して「酔っ払っているから運転をしないように」と警告できる仕組みを作れるのではないかと期待しているという。

 残る問題は酔っ払いがおとなしく警告を聞き入れるかどうかだろう。とは言え翌日にお酒が残っている場合などは、かなり有効ではないかと思われる。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中