このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第98回

16年失った視力を取り戻したテクノロジー/オープンAI「GPT-3」の衝撃

2020年07月27日 09時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラ映像を脳に直接送信、 16年間失っていた視力を 取り戻したテクノロジー

ビデオカメラで撮影した映像を電気信号として脳に直接送り込み、視覚障害者の視力を回復させる——。スペインの研究者が数十年取り組んできた研究がついに実を結びつつある。

≫ 続きはこちら

未来への一歩を踏み出したオープンAI「GPT-3」の衝撃、熱狂に警鐘も

オープンAIが発表した「GPT-3」はこれまでで最大の言語モデルであり、まるで人間が書いたかのような文章を望みのままに生成できる。しかし、AIが真の知性に近づいたわけではない。

≫ 続きはこちら

観測史上最も近距離から撮影された「太陽」画像、ESAが公開

欧州宇宙機関の探査機「ソーラー・オービター」が地球と太陽の距離の約半分にあたる位置から撮影した太陽の画像が初めて公開された。これまではっきりと確認できなかった太陽表面の小規模なフレアの様子が明らかになっている。

≫ 続きはこちら

新型コロナQ&A:血液型は感染や重症化と関係しますか?

新型コロナウイルス感染症と血液型には関係があるのだろうか? 現時点での研究成果をもとに、読者からの質問に回答する。

≫ 続きはこちら

画像の半分から残りを生成、オープンAIがGPT-2を応用

オープンAIは、機械学習技術を利用して、画像の半分から残り半分を予測し、1つの画像を完成させられるAIシステムを開発した。以前に開発した驚くほど自然な「フェイクニュース」を量産できる文章作成ツールの画像版だ。

≫ 続きはこちら

国産衛星プラットフォームが「データの流通」で目指す新市場の創造

日本国内の政府や企業が保有する人工衛星データを集約し、より手軽にビジネスに利用できるようにしたプラットフォーム「テルース(Tellus)」が進化した。目玉は、データやアプリを取引できる「マーケット」だ。

≫ 続きはこちら

金星で数十の火山が活動中か、従来仮説覆す 「コロナ」で判明

金星にはここ数百万年以内に噴火した大規模火山の痕跡があり、同惑星を帯状に取り巻くように分布しているとする研究結果が発表された。火山活動は金星で過去5億年は起こっていないとするこれまでの仮説を覆す結果だ。

≫ 続きはこちら

UAE初の火星探査機、種子島宇宙センターから打ち上げに成功

アラブ首長国連邦(UAE)の 火星探査機「ホープ(Hope)」を搭載した「H-IIAロケット42号機」が打ち上げに成功した。

≫ 続きはこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ