• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

5人のプレイアブルキャラクターが追加される第1弾は本日配信

『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』で3種のDLCが配信決定!

2020年07月21日 18時20分更新

文● ASCII

 スパイク・チュンソフトは7月21日、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』で3種のダウンロードコンテンツを配信することを発表した。

 DLC第1弾となる「新たなる挑戦者たち」は、本日2020年7月21日に配信。また、順次発売されるDLCを含め、全3種のDLCを1セットにしたシーズンパスも、本日発売された。

 さらに、昨年6月に発売したゲーム本編とその後のアップデート、そして今回の3種のDLCまで、すべてのコンテンツを収録したパッケージ版を、2020年10月23日に発売予定だと発表。価格は、4780円だ。

以下、リリースを引用

ゲーム概要

 本作は、ローグライクリズムアクションゲーム『クリプト・オブ・ネクロダンサー』に、「ゼルダの伝説」の世界観(キャラクター、フィールド、アイテム、BGM)を導入した作品です。

 プレイヤーは、リンクやゼルダ姫などのキャラクターを音楽のビートにあわせて操作しながら、襲い来るモンスターを倒します。ランダム生成される地上世界やダンジョンを探索するほか、謎解きやミニゲームなどもお楽しみいただけます。

DLC第1弾では、個性的な5人のキャラクターが新たに登場!

・DLC第1弾「新たなる挑戦者たち」 600円

https://ec.nintendo.com/JP/ja/aocs/70050000021807

 本作の世界に、それぞれスキルや武器が異なる5人のプレイアブルキャラクターを追加。「ゼルダの伝説」からは、薙刀での遠距離攻撃が得意なゼルダ姫の側近「インパ」や、リンクとゼルダの影である「シャドウリンク」&「シャドウゼルダ」が使用可能に。

 『クリプト・オブ・ネクロダンサー』からは、ビートを外すとダメージを受けるケイデンスの祖母「アリア」や、歌って踊れる商売人「ショップキーパー」が参戦します。

 さらに、すべてのキャラクターで連続してダンジョンに挑む「オールキャラクターモード」も追加されます。

DLC第2弾、第3弾も順次発売予定!

・DLC第2弾「リミックスメロディパック」 2020年8月発売予定/600円

 本作のBGMを、新たにリミックスした全39曲を追加。BGMの変更は、いつでも可能です。

・DLC第3弾「仮面交響曲」 2020年9月発売予定/1000円

 仮面で能力が変わる「スタルキッド」を操作して遊ぶ新シナリオを追加。本編から遠い未来の物語に、新たなフィールドや新たな楽曲、そして新たな敵が登場します。

お得なシーズンパスも本日発売!
特別カラーのリンク&ゼルダで遊べる特典付き!

・「ケイデンス・オブ・ハイラル シーズンパス」 1800円

https://ec.nintendo.com/JP/ja/bundles/70070000010933

 3種のDLC「新たなる挑戦者たち」「リミックスメロディパック」「仮面交響曲」が1セットになったシーズンパスです。購入特典として、特別カラー(赤・青)のリンクとゼルダが付きます。

すべてのコンテンツを収録した
パッケージ版も2020年10月23日に発売決定!

 2020年10月23日発売予定のパッケージ版には、ゲーム本編、およびこのたび発表のDLC3種のほか、これまでに無料大型アップデートで追加されたコンテンツもすべて収録。

 本編では敵として立ちはだかる「オクターヴォ」を操作して遊ぶ追加シナリオ「オクターヴォ オデッセイ」や、敵やアイテムなどがハテナ表示になる「ミステリーモード」など、多彩なコンテンツのすべてをお楽しみいただけます。

『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー』
DLC アナウンストレーラー

【ゲーム情報】

タイトル:
『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』
ジャンル:ローグライクリズムアクション
販売:スパイク・チュンソフト
開発:Brace Yourself Games
プラットフォーム:Nintendo Switch
発売日:
 ダウンロード版:発売中(2019年6月14日)
 パッケージ版:2020年10月23日予定
価格:2980円(ダウンロード版)
   4780円(パッケージ版)
※パッケージ版には、追加DLCのすべて(2200円相当)が含まれます。
CERO:B(12歳以上対象)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう