このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MacBook Air&iPad Proに新型登場! キーボードを始め、その真価は? 第18回

新MacBook Pro 13インチは買い!? 新AirやPro 16インチとベンチマーク比較

2020年07月11日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本記事で中心的に考察するMacBook Pro 13インチ(Mid 2020)

 MacBook Pro 13インチモデルのレビュー記事では、Pro 13インチに先立って発売されたMacBook Airの新モデルとの比較も交えながら、スペックの違いや使い勝手から選択のポイントを考えてみた。この記事では実際のベンチマークテストの結果を比較することで、より客観的な選択の判断材料として、さらに検討していくことにしよう。

比較に使用したモデルのスペックの違いをおさらい

 ベンチマークテストの結果を見る前に、まず今回のテスト結果に登場するマシンと、それぞれのスペックを確認しておこう。主役は、もちろん新しいMacBook Pro 13インチのうち、CPUの異なる標準構成モデル2機種だが、そこに最新のMacBook Airの、やはりCPUの異なる2機種を比較対象として加え、さらに昨年発売されたMacBook Pro 16インチの上位の8コアモデルも参考までに示すことにする。つまり合計で3モデル5機種のテスト結果を比較して検討する。主にPro 13インチを中心に考察するが、必要に応じてAirや、Pro 16とも比較していこう。

 まず、検証に使用したそれぞれのマシンの基本的なスペックを確認しておこう。

  13インチ
MacBook Pro
(Mid 2020)
13インチ
MacBook Air
(Early 2020)
16インチ
MacBook Pro
(Late 2019)
価格(税抜) 13万4800円 18万8800円 10万4800円 13万4800円 28万8800円
CPU 第8世代
Core i5
1.4GHz
(最大3.9GHz)
(4コア)
第10世代
Core i5
2GHz
(最大3.8GHz)
(4コア)
第10世代
Core i3
1.1GHz
(最大3.2GHz)
(2コア)
第10世代
Core i5
1.1GHz
(最大3.5GHz)
(4コア)
第9世代
Core i9
2.3GHz
(最大4.8GHz)
(8コア)
メモリ 8GB
(LPDDR3)
16GB
(LPDDR4X)
8GB
(LPDDR4X)
16GB
(DDR4)
ディスプレー 13.3インチ
(16:10)
広色域(P3)
True Tone
13.3インチ
(16:10)
True Tone
16インチ
(16:10)
広色域(P3)
True Tone
画面解像度 2560×1600 2560×1600 3072×1920
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 645 Intel Iris Plus Graphics Intel Iris Plus Graphics AMD Radeon Pro 5500M
(4GB GDDR6メモリ)
ストレージ 256GB 512GB 256GB 512GB 1TB
無線LAN 802.11ac 802.11ac 802.11ac
インターフェース USB-C
(Thunderbolt 3)
×2、
Bluetooth 5.0、ヘッドフォン
USB-C
(Thunderbolt 3)
×4、
Bluetooth 5.0、ヘッドフォン
USB-C
(Thunderbolt 3)
×2、
Bluetooth 5.0、ヘッドフォン
USB-C
(Thunderbolt 3)
×4、
Bluetooth 5.0、ヘッドフォン
画面出力 5K×1
4K×2
6K/5K×1
4K×2
6K/5K×1
4K×2
6K×2
4K×4
カメラ 720p
FaceTimeカメラ
720p
FaceTimeカメラ
720p
FaceTimeカメラ
キーボード Magic Keyboard Magic Keyboard Magic Keyboard
バッテリー容量 58.2Wh 58.0Wh 49.9Wh 100Wh
駆動時間
(ネット)
最大10時間 最大11時間 最大11時間
本体サイズ 304.1×212.4×15.6mm 304.1×212.4
×4.1〜16.1mm
357.9×245.9
×16.2mm
重量 1.4kg 1.29kg 2.0kg
カラー スペースグレイ シルバー ゴールド スペースグレイ スペースグレイ
 

 このうち、やはりPro 16は突出した存在と言える。第9世代ながら、8コアのCore i9という他に比べて極端に高性能なCPUを採用しているばかりか、CPUとは独立したGPU、AMD Radeon Pro 5500Mも搭載している。これは、MacBookシリーズとして、ほぼ上限の値を示すのが目的であり、同じ土俵で他のモデルと比較して、選択の検討の材料にすべきものとは考えていない。とはいえ、今回の結果を見て、やはりこれだけの性能が欲しいと思われるなら、購入を引き止めるつもりは毛頭ない。

 16インチディスプレイに伴って本体サイズもかなり大きくなるし、もちろん価格もそれなりに高くなるが、それに見合うだけの性能向上が得られるマシンであることは間違いない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中