このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

MacBook Air&iPad Proに新型登場! キーボードを始め、その真価は? 第8回

ノートパソコン代わりに使える!?

新型iPad Proを試してみた!トラックパッドの使用感はどう?

2020年03月24日 21時30分更新

文● 井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2020年3月25日発売の新型iPad Pro(写真は12インチモデル)。プロセッサーは「A12Z Bionic + M12コプロセッサー」を搭載。ストレージは最小のモデルでも128GBと増量した。

 3月25日に発表される新しいiPad Proを、ノートパソコン代わりに検討している人も多いのではないでしょうか。発売前の実機に触れる機会を得ましたので、本稿ではiOS 13.4で対応したトラックパッド操作を中心に、その使用感をお届けします。

 新型iPad Proの仕様に注目すると、2018年発売の旧モデルからアップデートされたのは、主にカメラ周りと通信機能。カメラ周りについては、既報でも紹介している通り「LiDAR Scanner」システムを搭載によりAR体験が向上します。通信に関しては、Wi-Fi 6をサポートしたほか、一部のLTEバンドに追加で対応しました。

背面カメラ、約1200万画素・f/1.8の広角カメラと、約1000万画素・f/2.4・画角125の超広角カメラを搭載

カメラアプリのUIでは、静止画で0.5~5倍まで、動画で0.5~3倍まで、倍率を変更可能

USDZファイルを表示してみた。離れた位置にある棚の段などは、従来モデルだと認識が難しい場所だが、LiDAR Scannerを搭載した2020年モデルでは、「iPadを動かして開始」と表示されず、高い精度で平面を認識できていた(右上の蓄音機風のオブジェクトがAR)

 しかし、ユーザーの関心を多く集めているのは、おそらくトラックパッドを備えたキーボードケース「Magic Keyboard」(3万4980円~)でしょう。同アクセサリーの対応モデルは、新型iPad Proに限らず、2018年発売の11インチ(第一世代)/12.9インチ(第3世代)iPad Proも対象になっているため、既存のiPad Proユーザーにとっても気になるところかと思います。ただし、同製品は5月発売予定のため、本体よりも遅れて登場予定。本稿でも、検証はまだできていません。

 一方、トラックパッドでの操作自体は、本体発売に合わせて登場するiPadOS 13.4から対応します。今回は「Magic Trackpad 2」(1万6280円)と連携させることで、トラックパッドでの操作を試せました。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中