このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

MacBook Air&iPad Proに新型登場! キーボードを始め、その真価は? 第14回

「Magic Keyboard」iPad Proによるコンテンツ体験も変えてしまった

2020年05月04日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4月下旬に発売されたiPad Pro専用Magic Keyboardはどうやら「ただのキーボード」ではなさそうだ

 iPad Proが相棒の専用アクセサリー「Magic Keyboard」を得たことで、タブレットの枠を超えて、あるいはMacBookやノートPCのライバルという立ち位置すら通り越して、まったく新しいデバイスに生まれ変わろうとしている。発売後からMagic Keyboardを使い込んで、現在までに筆者が発見したことをレポートしたいと思う。

打鍵感はやはり大満足。MacBookと2台で仕事のメインマシンにできそう

 Magic Keyboardを使い始めてから1週間以上が経っているが、キーボードとしての使い心地には概ね満足している。特に打鍵感は不満を感じるところがない。筆者がメインで使っているバタフライ式キーボードのMacBook Airと同等以上にキー運びが軽やかなので、長文を書いていても疲れないのがいい。

打鍵感は上々。iPad ProがMacBook Airと同等の作業効率を備える2台目のメインマシンになりそうだ

 iPad Proに装着した時の総質量はMacBook Airとほぼ変わらないので、筆者は持ち運びにも不便を感じていない。ただ、Magic Keyboardが届いてからまだ外出して長時間iPad Proを持ち歩く体験をしていないので、判断にはもう少し時間を掛けたい。

 タイピングの信頼感が向上したおかげで、Apple Pencilで手書きの草稿を書いた原稿をテキストエディタで仕上げて、カメラで撮影した写真を画像編集アプリ「Pixelmator Photo」で調整後に、ファイル一式を入稿するという日々の仕事がiPad Proだけでもスムーズにできそうだ。以前のように外に出かけて、記者会見やイベントを取材できる機会が再び来たらぜひiPad ProとMagic Keyboardの組み合わせとMacBook Airのどちらがよりポータビリティに優れているか、比べてみたいと思う。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中