このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

MacBook Air&iPad Proに新型登場! キーボードを始め、その真価は? 第12回

iPad Proへのパススルー充電機能が便利

iPad Pro専用Magic Keyboardレビュー 打鍵感向上以外にもいろんな発見!

2020年04月20日 22時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPad Pro専用の新しいアクセサリーとして登場した「Magic Keyboard」のハンズオンレビューをお届けする

 アップルが当初5月の発売を予定していた、iPad Proの専用アクセサリー「Magic Keyboard」の発売日を前倒しした。Apple Storeでは4月16日午前0時に受注を開始、4月21日から到着という表示。しかし、早期に購入を決めたユーザーのなかには、すでに到着しているケースもあるようだ。注目製品のハンズオンレビューを紹介する。

想像していた以上にスリムな本体

 Magic Keyboardは、12.9インチと11インチとそれぞれのiPad Proにサイズを合わせた製品が発売される。サイズによる機能の違いはない。2018年秋に発売されたホームボタンのないiPad Pro 12.9インチ/11インチを使っているユーザーは、自身のiPad Proにも対応するアクセサリーなので、ぜひ我が事として一緒にレビューを読んでほしい。

正面からだとわかりにくいかもしれないが、2018年版のiPad ProをMagic Keyboardに装着している。まるでノートPCのような出で立ちに

 筆者はさまざまなアクセサリーを組み合わせて、「使える」機能を拡張できるiPad Proが好きだ。2018年のiPad Proが発売された当初から専用アクセサリーとしてラインナップする「Smart Keyboard Folio」を、ふだんはテキストの執筆に使っている。Smart Keyboard Folioのタイピング感も慣れれば快適だし、今のところ特に不満もない。

 ただ最新のMacBook Airと同じ、スムーズな打鍵感が得られるMagic KeyboardがiPad Proに対応したとなれば注目するほかないだろう。

右側がMagic Keyboard、左側はSmart Keyboard Folio。スムーズな外装の質感は共通

Magic KeyboardはiPad Proの表裏を包む形状。iPad Proの背面側になるパネルにはアップルロゴのレリーフがある

 今回は12.9インチのiPad Pro用Magic Keyboardを試している。iPad Pro専用Magic Keyboardはルックスや外装の質感は、Smart Keyboard Folioによく似ている。iPad Proのカバーも兼ねている本体をボックスから取り出して手に持ってみると、思い描いていたよりもずっとスリムで驚いた。

キッチンスケールでMagic Keyboardの質量を量ってみたところ、だいたい700g前後だった。年季の入ったキッチンスケールなので、おおよその目安として捉えてほしい

 Magic Keyboard単体の質量を手元のキッチンスケールで計ってみたところ、約700gだった。値はざっくりとした目安として捉えてほしい。組み合わせているCellular+Wi-FiモデルのiPad Proが約643gなので、ふたつの機器を足すと約1.34kgになる。

 質量約1.29kgの2020年版MacBook Airよりもわずかに重いことになるが、手に持って比べてみても感覚としてはほとんど重さは変わらない。むしろiPad Proの保護カバーでもあることを考えればポータビリティと堅牢性のバランスは一般的なノートPCよりも格段に良いと思う。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中