このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第569回

性能が70%向上するCooper Lakeと200Topsの性能を持つPonte Vecchio インテル CPUロードマップ 

2020年06月29日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アクセラレーター向けの拡張命令が搭載される
Sapphire Rapids

 さて、Cooper Lakeの名前が最初に出てきた2018年では、Cooper LakeはIce Lakeベースと共通のプラットフォームになるはずなのが、実際にはそうならなくなった。

Whitleyの詳細は今のところ公式にはまったく明かされていない。噂では8chのメモリーコントローラーを持つらしいが。なおインテルはIce Lakeの世代からPCIe Gen4に正式対応なので、当然こちらもサポートされるはずだ

 Ice Lakeについては今年末に投入されるということで話をおいておくとして(*)、問題は次のSapphire Rapidsだ。これに関して、新しくAMXなる拡張命令が搭載されることが発表された。余談だが、この次のスライドには、明らかにSapphire Rapidsチームではない人間が混じっている。

なぜあなたが混じってる?

 このおじさんの話は次でするとして、問題はこのAMX。正式にはAdvanced Matrix eXtensionsという命令セットであるが、6月24日にこれが明らかにされた

 そのAMXであるが、AMXはMMXから始まる一連の拡張命令と異なる、「アクセラレーター向け命令」であることが冒頭で明らかになった。

従来のCPUのパイプラインは左上の“IA Host”になる。そしてアクセラレーターは右側。その中間に謎のTILECFGというエリアがあり、この状態をOSが管理すべきものとしていることに注目。要するに拡張レジスターの延長として、TILEを扱わないといけないようだ

 つまりCPUコアの外に、TILECFGと呼ばれるメモリー領域(おそらくはSRAMベースだろう)が用意され、ここをCPUとアクセラレーターから自由にアクセスできるようにするという、まったくこれまでと異なるアーキテクチャーである。

 一見するとこのTILECFG、AVXレジスターの延長に見えなくもないのだが、上の画像を見ると実は2次元アクセスが可能な領域を構成していることがわかる。ちなみにTILEは複数持てるようで、このTILEの塊をPaletteと呼ぶ。

 デフォルトでは16row×64Bytes=1KBのTILEを8つ搭載したTILEが用意されるが、必要ならより大きい、あるいはより多いTILEを利用することも可能になっている。ただこれはハードウェア的に容量が決まる模様だ。

 そのTILEをどうアクセスするのか、というのが下の画像だ。

少しわかりにくいが、AとBという2つの配列は、それぞれ灰色と黒色の矢印方向にレジスターを展開する。これを縦方向に串刺しにしてCという出力を得られるのがTILEの特徴だ

 以前畳み込み演算を行列演算で行なう仕組みを連載562回で説明したが、ここでA1~A9やB1~B9という値は、まとめてAVXレジスターに格納されている。したがって、単純なケースではA1~A9が格納されたレジスターとB1~B9の格納されたレジスターの掛け算をすればいい。

連載562回で説明した畳み込みの仕組み

 ところが、時間軸のパラメーターが入ったりすると、計算ごとに対象となるレジスターが変わる。対策としては以下のとおりで、どちらにしてもオーバーヘッドが大きいやり方しかない。

  • 計算に使うレジスターは固定し、毎回対象となるレジスターの値を計算に使うレジスターにコピーする
  • 対象となるレジスターごとにプログラムを書く

 これは従来のアクセスが1次元、2つ前の画像で言えば黒や灰色の横方向の矢印の向きにしかできなかったためだ。ところがAMXでは、複数のレジスターをまとめてアクセスできる。先の画像で言えば緑の矢印だ。

 これによって、行列計算が猛烈に簡単になる。下の画像が実際のプログラムの例で、行列の横方向アクセス(A)と縦方向アクセス(B)の演算結果をCに格納するというものだが、おそろしく簡単化されているのがわかる。

TILELOADDはCPU側のレジスターからTILEに値を書き込む。逆にTILESTOREDはTILEからレジスターに値を書き込む命令である

 今のところAMXで定義されているのはTILEのConfigurationのLoad/Saveと、TILEの中身のLoad/Save、それとDot Products命令だけで、やや無駄が多い気もしなくはないが、将来的にはもっといろいろ命令が増える可能性がある。

 そして肝心なのは、これがAVXと並行して動く、完全にアクセラレーター扱いなことだ。となると実装としては、例えばGPUを使うこともありである。Sapphire Rapidsチームの画像にKoduri氏が顔を出しているというのは、Sapphire RapidsがXeと連携している、ということを意味している可能性もある。

(*) おいといていいのか? という話はあるが、情報がないのでおいておくしかない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン