このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Core i9-9900K発売記念イベントに大物ゲスト降臨

2018年11月23日 23時01分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルが、Core i9-9900K発売記念イベント「ゲーマー応援イベント ~Core i9がゲームをもっと楽しくする!~」を秋葉原で開催した。

 イベントでは、最新PCの魅力を話題のゲームや新しい利用シーンを通して体験できた。有名ゲーマーとストリーマーによるエキシビション・マッチやゲーム大会を行なう「e-sports会場」と、実際に第9世代CoreプロセッサーとZ390チップセット搭載PCを体験できる「タッチ&トライ会場」の2会場で実施した。

e-sports会場となった「e-sports SQUARE AKIHABARA」タッチ&トライ会場の「通運会館イベントスペース」

e-sports会場

e-sports会場でのインテルセッション。MCを務めるプロチームDaToNatorのYamatoN選手(左)とOooDa氏(右)開会の挨拶をするインテル株式会社 執行役員 第3営業本部の藤木貴子本部長(中央)
インテルの藤木本部長は、e-sportsが世界中で盛り上がっている。それがもっと日本に入ってくればいいという思いからイベントを開催したとコメント。そのためにゲーマー応援キャンペーンを実施中だと語った

【関連サイト】

インテル パートナー事業本部 技術部 部長の渥美和彦氏が、Battlefield Vに焦点を当て「君は生き延びることができるか?」をテーマに第9世代インテルCoreプロセッサーの利点を解説した第9世代、第7世代、第4世代で性能を比較。Battlefield Vをプレイしながら30fpsで録画したときのフレームレートを計測
レイトレーシングがオフの状態でのベンチ結果。VGAを1080から2080に変えてもさほど性能は向上しない。それよりCPUを変えたほうが効果的と説明。i7-7700Kで性能は足りているが、最大値と最小値の幅が小さいi9-9900Kのほうが、より安定したプレイが可能だ
レイトレーシングをオンにすると、急激に負荷が増す。i7-4700Kではカクつきが確認できたという。最大値と最小値の幅が小さいi9-9900Kがここでも有利であることが証明された
i9-9900Kはゲームしながら録画してもまだ性能に余力があるが、i7-7700Kでは余力がないため、これ以上タスクを追加できない
試しに4K液晶を3枚つないでみたところ、最高18fps、最低9fpsとなり、まともにプレイできない負荷だったとのこと。しかしグラフィックはキレイで、ギャラリーには好評だったそうだ
e-sports会場では、プロゲーマーを招いたBattlefield Vのエキシビジョンマッチと、SoulCalibur VI: 9900Kカップの準決勝・決勝戦が行なわれた
e-sports会場には、Core i9-9900KのパッケージにLEDを組み込んだ間接照明が並んでいた

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中