このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第93回

世界最高峰の頭脳集団 「オープンAI」の正体/社会復帰への第一歩 「バブル生活」

2020年06月01日 09時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベールに包まれた 世界最高峰の頭脳集団 「オープンAI」の正体

サンフランシスコを拠点とする非営利団体のオープンAIは、人間の学習能力と推論能力を持つ「汎用人工知能(AGI)」を最初に開発し、すべての人にその恩恵が及ぶようにすることを目的として鳴り物入りで設立された。しかし、熾烈な競争環境の中で当初の理想は次第に失われつつある。

≫ 続きはこちら

社会復帰への第一歩 「バブル生活」を送る9つのルール

長い隔離生活が、徐々に緩和され始めた。欧米では、お互いに信頼できる仲間と交流する「バブル仲間」を組む動きがある。バブル生活を成功させるポイントを紹介しよう。

≫ 続きはこちら

オフィス再開へ動き出す企業 変わる職場風景は 受け入れられるか?

外出禁止令が解除されてオフィスを再開する多くの企業において、職場環境はパンデミック以前とは異なるものになりそうだ。従業員に対して検査や健康状態の報告、マスクやドングルの着用を義務付けたり、センサーやカメラの設置を検討したりする企業もある。

≫ 続きはこちら

スペースX、初の有人商業宇宙船を間もなく打ち上げ

スペースXがNASAの宇宙飛行士を乗せた有人宇宙船を間もなく打ち上げる。宇宙産業新時代の幕開けとなるビッグ・イベントだ。

≫ 続きはこちら

アップルとグーグル、接触者追跡APIを提供開始 世界22カ国で採用

グーグルとアップルは、スマホを利用して新型コロナウイルス感染者を追跡するテクノロジー(API)の提供を開始した。各国政府は、独自の接触者追跡アプリを開発・配布できるようになる。

≫ 続きはこちら

スマホアプリだけではない、 接触者追跡を成功させる 5つのポイント

新型コロナウイルスのパンデミックを封じ込めるには、検査・追跡・隔離の3つが要となる。感染症との戦いで効果が証明されてきた接触者の追跡は重要な要素だ。

≫ 続きはこちら

ヴァージン・オービット、空中打ち上げロケットの初試験に失敗

米国の人工衛星企業であるヴァージン・オービットは、同社の主力ロケットであるランチャーワン(LauncherOne)の初飛行試験に失敗した。

≫ 続きはこちら

抗マラリア薬に死亡リスク増の可能性、トランプ大統領も服用

トランプ大統領が新型コロナウイルス感染症対策として服用していると公言した抗マラリア薬の効果について、死亡リスクを高める可能性があるとの新研究が発表された。

≫ 続きはこちら

本日締め切り!! 今だけ購読料5,000円OFFキャンペーン実施中

新規購読時にクーポンコードを入力すると、年額14,800円が5,000円オフになる特別キャンペーンを実施中。購読中止まで年額9,800円(税抜)でご利用いただけます。年払いプランのみ有効。2020年6月1日 23:59までの期間限定です。この機会をお見逃しなく。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ