このページの本文へ

今年のWWDCは6月22日からオンラインで開催

2020年05月06日 01時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは5日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(世界開発者会議)」(以下、WWDC20)を6月22日から、オンラインですべての開発者を対象に無料で開催すると発表した。

 3月の時点でオンラインでの開催が予告されていた今年のWWDC。例年は6月初旬だったが、準備期間も必要だったせいか、若干遅めの時期となった。2020年で31年目となったWWDC20でも、iOS、iPadOS、macOSなどの今後の方向性が示されるなど、注目の内容となることはまず間違いない(たとえば、Armコアで動作するmacOSの存在が発表されたりする?)。

 また、今回は学生を対象に「Swift Student Challenge」を開催。日本時間で5月18日15時59分までに、Swift Playgroundで作った実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンを募集。優秀作品にはWWDC20ジャケットとピンバッチをプレゼントされるとのことだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中