このページの本文へ

今年はオンライン開催

アップル、WWDC20のラインアップを発表

2020年06月12日 14時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WWDC20は日本時間6月23日2時開催

 アップルは6月11日、世界開発者会議(WWDC20)のラインナップを発表した。2020年で31年目となる世界開発者会議は、これまでに開催されたWWDCで最大規模となる。WWDC20は、2300万人以上のAppleのグローバルな開発者コミュニティをオンラインに集結させるという過去に例のない試みで、米国時間の6月22日~26日に開催予定。

 日本時間6月23日2時(米国時間6月22日10時)より、基調講演を開始。今年後半に予定されている新機能や更新内容について発表する。Apple Park から直接、apple.com、Apple Developer アプリケーション、Apple Developerウェブサイト、Apple TVアプリケーション、YouTubeを通じてストリーミングで配信され、配信終了後はオンデマンド再生により視聴できる予定。中国の視聴者向けに、基調講演イベントはTencent、iQIYI、BilibiliYoukuでもストリーミングで配信される。

 また、日本時間6月23日6時(米国時間6月22日14時)からは、iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSなどの最新の進化を深く掘り下げる「Platforms State of the Union」を予定している。

 2日目からは、開発者が次世代のアプリケーション開発を学ぶのに欠かせない、Appleのエンジニアたちのリードによる技術とデザインにフォーカスした100以上のセッションが予定されている。セッション映像は毎日10時に(日本時間6月24日以降の毎日2時より)公開される。

 日本時間6月24日未明~27日(6月23日~26日)の日程で、1対1の開発者ラボを開催。Appleプラットフォームの最新の進化に携わったAppleのエンジニアとの面談をリクエストし、マンツーマンの技術指導や、新機能の実装方法について詳しい説明を受けられる。予約制で、Apple Developer Programメンバーであれば誰でも参加できる(定員制)。

 また、6月18日よりApple Developerフォーラムのデザインを一新し、開発者コミュニティーとAppleのエンジニア1000名以上をつないで、エンジニアが質問に対して回答したり、技術的なディスカッションにも対応できるようにするという。WWDC20の初日より、誰でもトピックを検索したり、フォーラム内のディスカッションをフォローできる。なお、質問を投稿したり、Appleのエキスパートから直にアドバイスをもらえるのは、Apple Developer Programメンバーに限られる。

 WWDC20開催に先んじて、6月16日にアプリケーション開発に取り組む世界中の学生を賛え、Swift Student Challengeの入賞者を発表する。あらゆる年齢の学生が自身のコーディングの腕前を Swift Playground作品を通じて披露するチャンスとなる。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中