このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第190回

4眼カメラと5000mAhバッテリーが魅力!「OPPO A5 2020」のコスパを検証

2020年05月08日 12時00分更新

文● 友納一樹 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッテリーは5000mAhの大容量
減りが遅いので安心

 OSはAndroid 9をベースとしたColorOS 6.0.1。CPUはクアルコムのSnapdragon 665を採用。メモリーは4GB、ストレージは64GBという構成です。スマホのパフォーマンスを数値化して評価できる「AnTuTu Benchmark」アプリでベンチマークを計測してみると、16万~17万点台を記録。同じCPUを搭載する機種の平均かわずかにそれを下回るといったところで、実際にアプリ起動がもたつくことはありました。

ベンチマークの最高スコアは「173586」。16万点台を記録することも

 バッテリー容量は5000mAh。実際にテレワークの息抜きがてらサイクリングに行った際に、計測アプリを使用してみました。途中で風景を撮りつつバッテリー消費を見ていたのですが、単に容量が大きいだけでなく、減り自体が遅い印象です。このスタミナなら、外出先で電池切れになる心配もないでしょう。

「省エネ」モードもある

 細かい機能をカスタムできるのも魅力。「戻る」「ホーム」などのナビゲーションキーを変更できるほか、それらの操作をiPhoneのようなスワイプジェスチャーに設定できます。さらにスリープ状態の画面をタップしてオンにするといったジェスチャー機能もあるので、使いこなせればおもしろそうです。

ジェスチャー機能が豊富

「スマートアシスタント」や画面右端から開けるクイックメニューも

 その他、顔認証・指紋認証に対応。顔認証は暗いところでも問題なく、指紋もすばやくロック解除できました。IP5X相当の防塵性能(防水は非対応)を備えます。また、FMラジオを聴けるため、災害時などに役立つでしょう。ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイには残念ながら対応していません。

【まとめ】驚異のスタミナは魅力!
あとは何を重要視するか

 OPPO A5 2020の一番の魅力は、電池持ちの良さ。スマホ選びにおけるこだわりが人によって異なりますが、バッテリーは長持ちするほうが誰にとってもうれしいもの。ただ大容量であるのではなく、電池消費がかなり抑えられているのがポイント。何をするにも安心の電池持ちを実現しています。

 ディスプレーの画質やおサイフケータイに非対応である点は、ウィークポイントではあります。同じくMVNOなどで販売されている「OPPO Reno A」は、CPUやディスプレーの性能面でA5 2020を上回り、防水、おサイフケータイにも対応します。価格は1万円ほど高くなりますが、スマホとしての機能が充実している機種を考えているなら、Reno Aのほうがいいかも知れません。

 最終的には、スマホ選びで何を重要視するか、というところ。動画やゲームなどエンタメ性能を重要視しないのであれば、2万円台でこの電池持ち、そして4眼カメラを搭載するA5 2020は間違いなくコスパに優れる1台です。悩んでいる人は、一度手に取って、比較検討をオススメします。

付属品一覧(ACアダプター、USB Type-Cデータケーブル、イヤフォン、保護ケース)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン